モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

バイクに乗っても乗らなくても速い!
若き王者マルケスの美しき全力疾走。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2015/04/19 10:30

バイクに乗っても乗らなくても速い!若き王者マルケスの美しき全力疾走。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

ヘルメットにレーシングスーツ、ブーツと装備重量は相当なものだが、マルケスはピットロードを速く、美しく駆け抜けた。

 最高峰MotoGPクラスで総合3連覇の期待が寄せられるマルク・マルケスが、またしても痛快なドラマを見せてくれた。

 それはおそらく、マルケスでなければ出来ないこと。天衣無縫と言っていい発想と行動力に、ただただ、あ然とさせられた。終わって見れば、拍手喝采の嵐。マルケスはすごいなあと誰もが思ったことだろう。

 4月上旬、米国テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で開催された第2戦アメリカズGPの予選中の出来事である。

 最終コーナーを立ち上がってホームストレートに差し掛かったマルケスは、マシンのウォーニングランプが点灯したため、すかさずエンジンを止めて、コンクリートウォールにマシンを立てかけた。

 そのとき誰もが、ああ、これでマルケスのPPはなくなったなあと思ったはずである。

 しかし次の瞬間、テレビカメラが捉えたのは、コンクリートウォールを乗り越えて、レプソル・ホンダのピットに向けて全力で走り出すマルケスの姿だった。その距離、約200m。

 その一部始終をテレビカメラが追う。それを見たチームスタッフは、スペアマシンのエンジンを掛けてマルケスの到着を待つ。ピット到着後、そのマシンに跨って飛び出したマルケスは、正真正銘ラストチャンスの最後のアタックでPPタイムを叩きだしてしまったのだ。

2本目のアタックに入ろうとした時、トラブルが……。

 予選時間は15分。通常は2本の新品タイヤを使い、2回のアタックを行なう。

 COTAで2年連続でポール・トゥ・ウインを達成しているマルケスは、フリー走行でトップタイムをマーク。予選セッションの1回目のアタックでも最速ラップをマークしていた。

 しかし、1本目のアタックで限界を探った他の選手たちは、2本目のアタックで当然のようにタイムを更新する。

 それはマルケスも同じなのだが、その2本目のアタックに入ろうかという周回にトラブルは起きたのだ。

【次ページ】 「もう1本、もしかしたら間に合うかもしれない」

1 2 3 NEXT
マルク・マルケス

ページトップ