詳説日本野球研究BACK NUMBER

2015年センバツ、注目の7試合と8校。
“春のジンクス”通りなら優勝は……。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/03/13 16:30

2015年センバツ、注目の7試合と8校。“春のジンクス”通りなら優勝は……。<Number Web> photograph by Kyodo News

全32校の主将が答えた優勝予想アンケートでは、仙台育英が14票を集めた。やはり昨秋の明治神宮大会覇者が今大会の中心なのは間違いないようだ。

 3月21日(土)から始まる第87回選抜高校野球大会の組み合わせが決まった。

 静岡(静岡)、敦賀気比(福井)、仙台育英(宮城)がいるBブロックに強豪校が目立つが“死のブロック”と言われるほどの偏りはなく、各ブロックに注目校、強豪校がバランスよく収まったという印象である。

※組み合わせ表はこちら→ http://www.jhbf.or.jp/senbatsu/2015/tournament/tournament.pdf

 初日21日の第2試合では、早くも大阪桐蔭(大阪)対東海大菅生(東京)という東西強豪校が激突する。大阪桐蔭は投手力に不安を残すが福田光輝(3年)、青柳昴樹(3年)、藤井健平(3年)で構成するクリーンアップが強力で、とくに4番青柳は昨年秋の近畿大会では日高中津(和歌山)、天理(奈良)戦で2安打ずつ放ち、その存在感を際立たせている。

 対する東海大菅生は、投手で3番を打つ勝俣翔貴(3年)がチームの柱。投手としては縦変化のカーブ、スライダーを駆使し、打者の目線を上下に揺さぶるピッチングに特徴があり、最速142kmを計測するストレートにも力がある。

 さらに注目が集まるのは打者としての素質で、昨年11月に行なわれた東南アジア遠征の壮行試合では日本大学の2年生投手からライトに特大のホームランを放ち、関係者の度肝を抜いた。総合力では大阪桐蔭に軍配が上がるが、勝俣の投打がうまくはまれば番狂わせも十分考えられる。

2日目、3日目にもドラフト候補が続々と登場。

 2日目の注目校は第2試合に登場する静岡(静岡)だ。昨夏選手権のスターティングメンバー中、内山竣(3年)、大石智貴(3年)、堀内謙伍(3年)、安本竜二(3年)、平野英丸(3年)が残り、大石以外は新チームでの打率が4割以上という迫力。チーム全体の本塁打数は練習試合も含めれば新チーム結成以降で23本に達し、これは出場32校中、八戸学院光星(青森)の25本に次ぐ多さだ。この強力打線に近畿大会準優勝の原動力になった立命館宇治(京都)の左腕・山下太雅が多彩な変化球でどう対抗していくか注目したい。

 3日目は3試合すべてが注目カードと言っていい。第1試合に登場する奈良大付(奈良)の坂口大誠(3年)、敦賀気比の平沼翔太(3年)はクセの強い投球フォームから投じるストレートに威力を秘め、ともにプロのスカウトから注目を集めるドラフト候補だ。

 打線では敦賀気比が上回る。4強に進出した昨年夏の選手権で活躍した平沼、篠原涼(3年)、山本皓大(3年)が残り、ここに林中勇輝(2年)を加えた上位打線は大会屈指の破壊力を秘める。

【次ページ】 優勝候補・仙台育英はセンターラインに強み。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
勝俣翔貴
東海大菅生
大阪桐蔭
福田光輝
青柳昴樹
藤井健平
静岡
敦賀気比
仙台育英
神村学園
浦和学院
龍谷大平安
高橋純平
松商学園
百瀬雅也
糸満
天理
東海大四
豊橋工

ページトップ