ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

暗く、深く、危険で妖しい。ボクシングの魅力を読む。
~ファン歴70年、女性視点の1冊~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/02/18 10:00

暗く、深く、危険で妖しい。ボクシングの魅力を読む。~ファン歴70年、女性視点の1冊~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『オン・ボクシング』ジョイス・キャロル・オーツ著 北代美和子訳 中央公論社 現在絶版

 ノーベル財団は文学賞候補の名を発表しない。なのに世界中のメディアが毎年候補者名を報じる。オーツ女史もその常連の一人。「時々尋ねられることがある。あんな乱暴なスポーツを見て、どこが楽しいの?」と女史は書いている。答えるのは「たやすいことではない」。女史自身10代の初めにボクシング好きの父と観戦に行き、「あの人たちは、なぜ闘い、わざわざ痛い思いをするの?」と尋ねた。現在ボクシング・ファン歴70年に及ぼうかという女史が28年前に出した回答が本書だ。

タイソンの転落を予見していたオーツ女史の洞察力。

 ボクシングのすべてを、いとおしみ、味わい、考察するモザイクのようなエッセイ。読みやすいとはいえない。英文のセンテンスは長いし、それを“正確”に訳した日本語も難解(ボクシング映画『罠』、『傷だらけの栄光』などを原題カタカナ表記は困る)だが、十分に刺激的だ。チャンピオンや無名選手たちの発言をキーに、様々な角度からボクシングを語り尽くす言葉の連打。

「痛みを感じ始めると、ボクシングが、ますます好きになるだけの話さ」。元ミドル級ボクサーのこのつぶやきを糸口に、反則で悪名高いボクサーを語る。そして、反則技で敗れたチャンピオンがその血塗れの試合を「今ならドクター・ストップだ。しかし、試合は続けられ、おかげで私は奴を倒す方法を学んだ」と振り返る言葉を引用して、女史は続ける。「彼(ジーン・タニー)の戦歴は、痛みの上に築かれた。痛みなくして彼はヘビー級の王座の高みに達することはなかったろう」と。

「ボクシングとは打つことより、打たれることなのだ」。「死」、「肉体」、「怒り」……多彩なテーマが掘り下げられ、閃く警句、批評に納得する。「私は、それをスポーツとは思わない」、「ボクシングはアメリカの悲劇となった」、「ヘミングウェイは闘牛を書くときほどの共感や洞察力を持ってボクシングを描いたことはない」など。女史の目の確かさは、2部の「キッド・ダイナマイト」で描く王座に就いた直後のタイソンの姿がその後の転落を予見していたことで証明された。

 ボクシングの暗く深く危険で妖しい魅力に引き込まれる。

関連コラム

ページトップ