濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

伝説の男ヒクソン・グレイシーが語る、
息子クロン、一族の誇り、現代MMA。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2015/01/23 10:30

伝説の男ヒクソン・グレイシーが語る、息子クロン、一族の誇り、現代MMA。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

終始リラックスした様子でインタビューに応じていたヒクソンだったが、時折見せる鋭い眼光は、完全に現役選手のものだった。

 伝説の格闘家は、ニューバランスを履いていた。

 新イベント『REAL 1』(2014年12月23日、有明コロシアム)でMMAデビューを果たす次男・クロンのセコンドとしての来日だ。インタビュー場所として指定されたのは高級ホテルのスイートルーム。部屋の外には屈強なセキュリティが控える。

 ただヒクソン自身は、いたってリラックスした様子だった。上品なジャケットを身につけているが、下半身はデニム。そして足元はランニングシューズの名作と言われるMR993のブラックである。ところどころ色あせているのが、長く愛用してきたことを感じさせる。

「今回は息子の試合で日本に来た。それにはいい面と悪い面がある。いい面は、自分の試合ではないということ。悪い面は、自分の試合よりも緊張することだよ」

55歳のヒクソンが何度も見せた“親心”。

 400戦無敗と謳われ、高田延彦戦、船木誠勝戦といった大勝負をものにしてきたヒクソンは、現在55歳。愛息のデビュー直前とあって、インタビュー中は何度も“親心”が口をついた。

「クロンは柔術やグラップリングでは実績がある。しかしそれらとMMAはまったく違うスポーツだと言っていい。プロフェッショナルな闘いで、打撃があるからバイオレンス性も高くなる。クロンがスター選手になれるか? そうなってほしいが、すべてはこれからだよ。彼はまだデビュー前の選手なんだ。私は長い時間をかけ、たくさんの試合をして名前を知られるようになった。クロンだって同じだ。少しずつやっていくしかないんだよ」

 あのヒクソンの息子がついにMMAデビューを果たす。そこにファンはドラマ性を見出すし、幻想を抱きたくなるのは当然のこと。だが父親としては、息子への過大な期待は避けたいようだ。

 クロンが自分と同じ道を歩むことを、ヒクソンは強制していないという。

「もちろん柔術をやってほしかったが、やれとは言わなかったよ。このスポーツは大変な努力が必要だ。自分が好きでやるのでなければ、充分な努力はできないからね。だが、クロンはそうした。私がブラジルに戻り、離れて暮らしていた時期もあるが、その間も彼は成長していたんだ。やらなければいけないことを自分でできるようになっていた」

【次ページ】 グレイシー一族の柔術家として生きるということ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ヒクソン・グレイシー

ページトップ