野ボール横丁BACK NUMBER

二松学舎、市原勝人監督の後悔。
流れを失った“意地悪なスクイズ”。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/08/20 16:20

二松学舎、市原勝人監督の後悔。流れを失った“意地悪なスクイズ”。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

バントを多用する高校野球でも、4番のスリーバントスクイズは異例。小峯瑛輔は東東京大会で3割6分という打率を誇ったスラッガーだった。

 二松学舎大付の監督・市原勝人は、沖縄尚学に5-6と逆転負けした後「意地悪なスクイズが、流れを変えてしまったのかもしれない……」と悔やんだ。

 沖縄尚学の先発、「琉球のライアン」こと山城大智は、初戦で強打を誇る作新学院を相手に、14三振を奪い1失点完投という圧巻の投球内容を披露していた。

 そう簡単に山城を攻略できないと読んだ市原は「まずは自分たちが2、3点以内に抑えなければならない」と踏んだ。

 そこで、甲子園未登板ながらチームでもっとも球威がある2年生の岸田康太の先発を決断。岸田は東東京大会で1試合しか投げておらず、いわゆる「ギャンブル」だった。

「いいときと悪いときがはっきりしているタイプなんですけど、はまったらはまる。それにかけようと思った」

4点のビハインドに焦らず、1点差に詰め寄った二松学舎。

 ところが1回裏、岸田は先頭打者にいきなりストレートの四球を与えるなど制球が定まらず、ワンアウトしか取れないまま、市原がリミットと考えていた3点を失い降板。リリーフしたエースの大黒一之も代わり端にタイムリーを許し、二松学舎大付はいきなり4点のビハインドを背負ってしまう。

 市原は2回表の攻撃に入る前、選手を落ち着かせるためにこう話して聞かせた。

「点を取ろうと思うな。まずは(相手のスコアボードに)ゼロを2つ並べることを意識しよう」

 攻撃に意識がいくあまり、さらに点差を広げられることを危惧したのだ。

 その助言が奏功したのか、二松学舎大付は2回以降、相手の攻撃をしのぎつつ自陣のスコアボードに着実に点を刻んでいく。

 2回表は「1」、3回表は「2」。あっという間に1点差に詰め寄った。

【次ページ】 点は入ったものの、スクイズ失敗でリズムが狂う。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
二松学舎
市原勝人
沖縄尚学
山城大智
作新学院
岸田康太
末松佑弥
小峯瑛輔

ページトップ