沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

震災から3年を経たそれぞれの思い。
相馬野馬追の侍たちが生きる日常。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byAkihiro Shimada

posted2014/08/03 10:40

震災から3年を経たそれぞれの思い。相馬野馬追の侍たちが生きる日常。<Number Web> photograph by Akihiro Shimada

市街地を練り歩く騎馬武者行列。前から3番目が大山ヒルズの佐藤弘典さん。

はじめから波乱含みだった神旗争奪戦。

 蒔田さんが乗ったのは、宇都宮大学馬術部から借りたハルカゼという馬だった。20歳ということ以外は、サラブレッドなのかも元競走馬なのかもわからないという。

 27日の午後1時過ぎから神旗争奪戦が行われた。今年ははじめから波乱含みだった。例年になく風が強く、打ち上げられた神旗が何度となく内馬場を出て観客席まで流され、無効になった。強風に乗った神旗を追いかけて他馬に激突、落馬し、救急車で運ばれる騎馬武者も複数いた。

 そんなとき、内馬場の1コーナー寄りのところに落下した旗を獲るため騎馬武者が殺到し、1頭が倒れたまま動かなくなった。

「大丈夫でしょうか」という場内アナウンスが響く。

 まさかと思って近づくと、嫌な予感が当たってしまった。

「相馬侍の根性、見てくれた?」

 横たわっていたのは蒔田さんのハルカゼだった。

 蒔田さんの姿が見えない……と思っていたら、ハルカゼが立ち上がり、周囲から安堵の声が漏れた。

 ハルカゼの隣に、蒔田さんが立っていることに気がついた。彼の手には黄色い旗があった。彼は、落馬しながらも御神旗を獲っていたのだ。

「匠馬と一緒に獲ったよ」

 小高郷の陣屋に戻ってきた蒔田さんの目には涙が浮かんでいた。

「おめでとうございます」

 と私が差し出した手を、彼は力強く握り返した。

「相馬侍の根性、見てくれた?」

 こんなに晴れやかな男の笑顔を、久しぶりに見たような気がした。

【次ページ】 ワンアンドオンリーと相馬野馬追。

BACK 1 2 3 NEXT
蒔田保夫
ハルカゼ

ページトップ