ブラジルW杯通信BACK NUMBER

開催国ブラジルの“異常な精神状態”。
ベスト8のトラウマと陽気な難敵。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/07/03 16:30

開催国ブラジルの“異常な精神状態”。ベスト8のトラウマと陽気な難敵。<Number Web> photograph by Getty Images

チリとのPK戦で薄氷の勝利をおさめたブラジル。PK戦が始まる前から複数の選手が涙を流し、勝利後には多くが泣き崩れた。彼らは勝者の精神状態を取り戻すことはできるか。

 コロンビア旋風は、王国をも飲み込むか。

 4日から始まる準々決勝で、コロンビアとブラジルが激突する。

 代表史上初のベスト8進出で勢いにのる“カフェテロス”と、6度目の優勝を目指すセレソンによる南米勢対決が、大会のハイライトの一つになるのは間違いない。

 コロンビアは、陽気なステップで大会を魅了している。

 個々の能力が噛み合い、スピードとフィジカル、テクニックと戦術を高いレベルで調和させる彼らは、強敵ウルグアイとの決勝トーナメント1回戦を2-0で完勝した。

 通算5得点を挙げ、グループリーグ最優秀選手に選出されたMFハメス・ロドリゲスは、今や大会の寵児となった感すらある。ゴールを決めるたびに、照れ笑いを浮かべながら、チームメイトたちとステップを披露する。

 マイケル・ジャクソンの「スリラー」をアレンジした指南役は、DFアルメロだ。観る者にまで活気を与える彼らのサッカーの根底には、陽気さがある。彼らのサッカーは、王国の神様ジーコですら虜にしてしまった。

「今大会、最も私を楽しませているチームはコロンビアだよ。次の試合は私がプレーしたいぐらいだ」

7月2日はコロンビアにとって特別な日だった。

 ステップは軽妙、しかしブラジルとの決戦にかけるチームの決意は重い。“カフェテロス”は、浮ついたお調子者集団ではない。

 準々決勝の行なわれるフォルタレーザへ入った翌7月2日は、コロンビア代表にとって特別な日だった。

 '94年のアメリカW杯で、敗退に繋がる自殺点を献上したDFアンドレス・エスコバルが、大会後に射殺されてからちょうど20年が経った。彼の命日にあたる2日、サッカー協会も国民も、そして代表選手も全員が喪に服した。

【次ページ】 ロッカールームに満ちる「ブラジルは倒せる」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ハメス・ロドリゲス
ルイス・フェリペ・スコラーリ
ネイマール
ジュリオ・セザル
チアゴ・シウバ
ホセ・ペケルマン
ファン・クアドラド
ブラジルW杯

ページトップ