ブラジルW杯通信BACK NUMBER

歴代監督が頼り続けた天才司令塔。
ピルロ、筋金入りのアズーリとして。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/03 10:40

歴代監督が頼り続けた天才司令塔。ピルロ、筋金入りのアズーリとして。<Number Web> photograph by Getty Images

ユベントスで優勝を果たし、合流したイタリア代表でもコンディションのよさそうな動きを見せるピルロ。現在35歳、ブラジル大会は10年以上にわたる代表としてのキャリアの集大成となるか。

 イタリア代表のW杯事前合宿に合流した先月19日、MFアンドレア・ピルロは35歳になった。

 '06年のドイツW杯を制した天才司令塔は、昨年5月の自伝発表会でブラジル大会後の代表引退を示唆していた。ところが、今年春の地元紙インタビューであっさりそれを撤回した。

「代表監督から頼まれでもしない限り、自分から代表に別れを告げることはしない」

 達観した哲学者か心穏やかな仙人であるかのように、飄々としたピルロの本心を窺うことは難しいが、アズーリのユニフォームへ彼が抱く愛着が並々ならぬものであることは確かだ。

 ピルロは、歴代5位にあたるA代表通算出場記録(108試合)を積み上げる前から、アズーリの一員として膨大な時間を重ねてきた。

国歌「マメーリの賛歌」を何度口ずさんだだろう。

 19年前、ブレシアの育成部門にいた天才少年ピルロが、トップチームの抜擢を受け、16歳と2日でセリエAにデビューした。

 同じシーズンに、U-15イタリア代表から初めて招集されたピルロは、その類稀なテクニックを見込まれ、すぐにチームの中心に据えられた。その後、毎年繰り上がる年代別代表でも不可欠の存在となり、彼は青いユニフォームに袖を通し続けた。

 代表から招集される度、フィレンツェ郊外のコベルチャーノにあるナショナル・トレセンの門を何度くぐったことだろう。国歌「マメーリの賛歌」を何度口ずさんだことだろう。

 チームメイトが変わっても、戦う舞台がレベルアップしても、ピルロはずっと三色旗を背負うチームの中心であり続けた。

 FWベントラやMFガットゥーゾと'00年のU-21欧州選手権で優勝し、'04年のアテネ五輪ではFWジラルディーノと銅メダルも獲った。

【次ページ】 あらゆる指導者が、ピルロをチームの中心に据えた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アンドレア・ピルロ
ブラジルW杯

ページトップ