スポーツはカタチから入る方なんですBACK NUMBER

ジャガー・ランドローバーがラグビーワールドカップをサポートする意義とは!? 

text by

奥山泰広&高成浩

奥山泰広&高成浩Yasuhiro Okuyama & Seikoh Coe(POW-DER)

PROFILE

photograph bySeikoh Coe & JAGUAR LAND ROVER JAPAN Limited

posted2014/06/05 10:00

ジャガー・ランドローバーがラグビーワールドカップをサポートする意義とは!?<Number Web> photograph by Seikoh Coe & JAGUAR LAND ROVER JAPAN Limited
アスリートの心の中に渦巻くブツ欲を赤裸々に紹介し、解消していくこの企画。「ご意見番」として登場するのは、ファッション&モノ業界で長年活躍する
“スマート”奥山泰広氏と、その相棒の“ワイルド”高成浩氏。

2015年にイングランドで開催されるラグビーワールドカップをサポートするジャガー・ランドローバー。そのイベントを兼ねた試乗会に参加した高氏が、レンジ
ローバーの走行性能と、日本ラグビー界の“今”と“未来”をリポートする。

  いやぁ、先日、ジャガー・ランドローバーが主催する試乗会に参加してきたんだよ。で、レンジローバー・イヴォークに乗ってきたんだけどサ、街中から高速道路、ワインディング、そして凸凹道まで、どんなトコロもスムーズかつ安全に走れちゃうんだよ。その走行性能に脱帽だね。今回の「スポーツはカタチから入る方なんです」は、このクルマを取り上げようかと思うんだ。

2015年のラグビーワールドカップに先駆けて、トロフィーツアーがスタート。優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」が世界15カ国を巡るのだが、それをジャガー・ランドローバーがサポートする。 

奥山  あのぅ……、世界中がサッカー・ワールドカップに沸き立っている今、なんでまたクルマネタなんですか? てんで的外れな選択でしょ!?

  いや、あながち的外れでもないんだ。というのも、来年にイングランドでラグビーのワールドカップが開催されるんだけど、ジャガー・ランドローバーはそのワールドワイド・スポンサーを務めているから。

奥山  サッカーのワールドカップの開幕は、もう間近に迫っているんですよ! ラグビーなんてずいぶん前に流行ったかもしれませんが、現在は人気がイマイチじゃないッスか。

  うむ、ラグビーの現状と未来に関しては後ほど解説するとして、まずはレンジローバーについて語ろうかな。

奥山  いやいやいや……。前回のクルマネタ、マクラーレンP1のような超弩級のスポーツカーならこの連載に取り上げてもいいですが、レンジローバーは“スポーツ”とは無縁でしょう!?

  おっと、こりゃまた問題発言だね。

SUVのポジショニングを解説すると……。

  んじゃあサ、この大地に足を踏ん張ったようなフォルムをしたレンジローバー・イヴォークを見てごらんよ。躍動感に溢れ、とってもカッチョいいSUVでしょ。

奥山  ん~む、まぁ、カッコいいことは認めますが……そもそもSUVって何ですか? みんな当たり前のように使っている単語ですけど、実はずいぶん前から気になってたんですよ。意味がわかるようなわからないような……???

トロフィーツアー1番目の訪問国、日本ではラグビーワールドカップのステッカーを貼ったレンジローバーと最新のイヴォークが登場。都心から富士五湖周辺を走り、開催を強くアピール。 

  SUV? Sport Utility Vehicle=スポーツ・ユーティリティ・ビークル=スポーツ用多目的車のこと。1990年代にアメリカで発生した自動車の形態の1つであり、その略称のことだね。ほらっ、れっきとした“スポーツ”じゃないか!

奥山  この場合のスポーツは「スポーツアクティビティ」のことでしょ? つまり、クルマに人とギアを載せてフィールドに出かけ、サーフィンやスキー、アウトドアキャンプなどを楽しむのであって、そのクルマでスポーツするワケじゃないでしょう。

  カッコいいクルマでスポーツしに行くという行為は、「スポーツはカタチから~」の主旨に合っていると思うけどね。

奥山  え~、そんなこと言ったって、このテのカッコいいSUVって、ほとんどが街乗りじゃないですか。ハリウッドセレブとかがこぞってSUVに乗っているのをテレビや雑誌で見ますが、彼らはパーティやショッピングに行くだけでしょ。

  うむ、日本でもだいたい同じ。お金持ちの奥様たちがデカいSUVを運転して、ネイルサロンに行ったり、子供たちを送迎したり……。あなたの奥様もね。

奥山  いや、まぁ、僕の家庭のことはほっといてください。

  でもね、イヴォークの走りは、れっきとした“スポーツ”だと思うんだ。

【次ページ】 オンロードでのスポーティな走行性能が魅力。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ

ページトップ