ブラジルW杯通信BACK NUMBER

世界のCBの頂点に立つ“モンスター”。
チアゴ・シウバ、故郷でのW杯決勝へ。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/05/27 10:40

世界のCBの頂点に立つ“モンスター”。チアゴ・シウバ、故郷でのW杯決勝へ。<Number Web> photograph by Getty Images

2013年、母国でのコンフェデ杯決勝ではスペインを完封し、ブラジルにタイトルをもたらしたチアゴ・シウバ。代表、クラブ双方で主将を務める生粋のキャプテンでもある。

 相手を支配する攻撃サッカーを行なううえで、速くて強くて巧いセンターバックは不可欠な存在だ。

 高く押し上げたDFラインの裏に生まれた広大なスペースをカバーし、相手ストライカーとのスプリント勝負を制する。ロングボールを放り込まれても、慌てることなく跳ね返す。個の力で負けることは許されない。

 もちろん仕事は守備だけではない。ビルドアップでは、まるで司令塔のように長短のパスを配給することが求められる。プレスにさらされても闇雲にクリアせず、味方につなげる技術と度胸が必要だ。

 それゆえに一昔前に比べるとセンターバックの地位が高まっており、比例して年俸も高くなっている。

 その頂点にいるのが、ブラジル代表のチアゴ・シウバだ。

 このセレソンのキャプテンは、所属するパリ・サンジェルマンにおいて手取りで1200万ユーロ(約16億8000万円)という驚異的な年俸を手にしている。もちろんセンターバックの世界最高額だ。

相思相愛だったはずのバルサではなく、PSGへ。

 時計の針を巻き戻すと、そもそもこの“ザゲイロ”(ブラジルのサッカー用語でセンターバックの意味)を本気で獲得しようとしていたのはバルセロナだった。少年時代の憧れのクラブはバルサであり、移籍は実現すると思われていた。

 だが、そこに横槍を入れたのが“カタールマネー”だった。パリ・サンジェルマンは移籍金4200万ユーロ(約58億8000万円)と前述の年俸を提示。2012年、チアゴ・シウバはバルサからのオファーを断り、パリを新天地に選んだ。

 スペインのメディアは彼を「金の亡者」とバッシングした。だがチアゴ・シウバは堂々と反論した。

「人生は難しい決断の連続でできている。ときに夢に背を向けなければならない。何より僕は家族を養わなければならない。なぜ少ない収入を我慢してプレーしなければならないのか? パリのオファーは新しい挑戦を与えてくれた。正しい道を選んだと信じている」

【次ページ】 チアゴ・シウバがいるからこそ、ラインを上げられる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
チアゴ・シウバ
パリ・サンジェルマン
ブラジルW杯

ページトップ