SCORE CARDBACK NUMBER

ビデオ判定の拡大は
審判の権威を守れるか。
~テクノロジー重視、MLBの決断~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/02/06 06:10

昨年のワールドシリーズ初戦でも、覆った判定にカージナルスのマシーニー監督が猛抗議。

昨年のワールドシリーズ初戦でも、覆った判定にカージナルスのマシーニー監督が猛抗議。

 1月16日まで米アリゾナ州で行なわれていたオーナー会議で、今季からプレー中のビデオ判定の適用を拡大することが正式に承認された。これまで公式戦だけでなく、ポストシーズン中の微妙な判定が勝敗の行方を左右するケースが頻出したこともあり、機構、選手会、審判員組合の間で、過去数年間にわたって、判定拡大の議論を重ねてきた。その結果、これまで本塁打の判定に限られていたビデオ判定が、大幅に拡大されることになった。

 100年以上の歴史を持つ米球界に、ビデオ映像による判定が導入されたのが、'08年8月28日。同年9月3日、ヤンキースのA・ロドリゲスの本塁打を巡る判定が導入第1号となって以来、当該球団の監督が抗議できる権利として定着したが、その他のプレーへの判定拡大に関して、球界全体は概ね慎重論に終始していた。

 というのも、ビデオ機器による判定範囲を拡大することによって、審判団の権威を妨げることにつながるとの意見が大半を占めていたからだ。その一方で、NFL、NBAなど他の米プロスポーツ界では、リアルタイムで判定の正否が赤裸々にされたこともあり、ファンの間では早い時期から映像による判定を求める声も少なくなかった。

各監督に1試合1回の「チャレンジ権」が与えられる。

 米球界が今回のビデオ判定拡大で求めたのは、単にジャッジの厳正さだけではない。たとえば、ある審判が「誤審」を下したとしても、映像による再審議で判定を正せば、誤審は激減する。過去、誤審後に不要な誹謗中傷を受けてきた審判員の立場を保護するうえでも、より正確な判定につながるビデオ判定拡大を「是」とする意見は、テクノロジーの発展とともに、自然と高まっていた。

 新制度では、各監督に1試合に1回の「チャレンジ(再審)権」を与え、成功すれば2回目の権利が発生し、判定が覆らなければ2回目はないなど、一定の基準を設けた。今季限りでコミッショナーから勇退するバド・セリグ氏は「この新制度は、試合の状況で各監督にとって貴重な選択になる」と、含みのあるコメントを残している。

 新技術導入が、魅力ある球界の発展へとつながるのか。本当の答えを出すには、もうしばらく時間が必要なのかもしれない。

関連コラム

ページトップ