SCORE CARDBACK NUMBER

移籍を経ても2人を繋ぐ、
デンとノアの“ルーツ”。
~ブルズを支えたアフリカの血~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/01/31 06:10

フォワードのデン(右)とセンターのノア。優れたディフェンス力でブルズを支えてきた。

フォワードのデン(右)とセンターのノア。優れたディフェンス力でブルズを支えてきた。

 1月7日、ルオル・デンがシカゴ・ブルズからクリーブランド・キャバリアーズにトレードになると、ブルズのジョアキム・ノアは、報道陣に対して1週間もだんまりを決めこんだ。6シーズン間共に戦った親友との別離は、それだけ衝撃が大きい出来事だったのだ。

 2人は一見、対照的だ。物静かで熟考型であり、ポーカーフェイスのデンに対して、本能に従う型破りなタイプで、感情の起伏をすぐに表にだすノア。

 そんな2人が親しくなった理由のひとつは、ルーツと辿ってきた道が似ていたことだった。ノアは祖父がカメルーン人で、父がヨーロッパに渡り、ノア自身はニューヨークで生まれ育った。デンは南スーダン出身。一家でイギリスに移住し、14歳でバスケットボールをするためにアメリカに渡って来た。

 去年2月、NBAオールスター戦に揃って出場したとき、ノアはデンについて、こんなことを語っていた。

表現こそ対照的だが2人が共有する友情、そして競争心。

「ルーはアフリカ人選手たちにとって、大使のような存在なんだ。単にプレーするだけでなく、誰かを助けることこそ、何よりも重要なことだと理解している。彼のようなヤツといっしょにプレーできること、そして同じアフリカの血が流れていることを誇りに思う」

 アフリカ大陸への思い、そしてアメリカの地で得たバスケットボールをする喜び。それをすべて理解しあえる同志だったのだ。

 トレードから1週間たって重い口を開いたノアは、「チームが決めたことに僕が満足する必要はない。ルーをトレードしたのは理解したくないことだ」と割り切れない思いを口にした。その一方で、「でも我慢しなくてはいけない。コート上ではすべてを出し切らなくてはいけない」と、これまでと変わらぬ姿勢で戦うことを誓った。

 一方、トレードされたデンは、意外なほどサバサバしていた。

「これからは、ブルズのことは気にかけていられない。もし僕らと彼らでプレイオフの座を争うのなら、彼らには全試合負けてほしい」

 表現は違うが、共に競争心に溢れている。アフリカの血を引く者としての友情と、この先も続くライバル関係。チームが分かれても、今も2人は繋がっている。

関連コラム

ページトップ