私とDo 特別編BACK NUMBER

<走るだけで気持ちよくなるって本当?> ランナーズハイの謎。 

text by

成田智志

成田智志Satoshi Narita

PROFILE

photograph bySho Fujimaki

posted2014/01/13 08:10

<走るだけで気持ちよくなるって本当?> ランナーズハイの謎。<Number Web> photograph by Sho Fujimaki
走るうちに苦しさが消え、高揚感がわき上がってくるというランナーズハイ。
誰もが知っている言葉だが、いったいそれが何なのかは誰も知らない。
わかるようでわからない、その不思議に迫る――。

好評発売中の雑誌Number Do『この秋、知っておきたいランのABC』
ランニング初心者から経験者まで読めばきっと走りたくなる特集から、
自分の限界を超えるメカニズムと体験談を公開します。

 170kmを不眠不休で駆け抜ける「アンドラ・ウルトラ・トレイル」という山岳レースをご存じだろうか。ヨーロッパの山岳地帯に位置する小国、アンドラで開催されるこのレースは累積標高が12200mにおよぶ過酷なコースのため、上位の選手でも1日を超える30時間台のタイムでゴールする。

 フルマラソン4回分という距離だけでも驚くが、ルートはアップダウンのきつい岩だらけの山道だ。高山だから当然空気も薄い。

 そんな大自然の中の急峻なコースを昼も夜もほとんど休むことなく、一人で走り続ける超人的なランレースなのだが、昨年6月、あるドキュメント番組で日本を代表するトレイルランナーである山本健一がレースの終盤、幻覚を見ながら走るシーンが放映され話題となった。

道ばたの岩がフクロウに見えた現象をどう説明する?

 それはレース開始から24時間以上が経過した朝のシーンで、徹夜で駆け続ける山本が次々に出くわす道ばたの岩を指さしながら、「フクロウ? あれはフクロウ?」と同伴するテレビクルーに繰り返し尋ねるという衝撃的な映像だった。

 現役のアスリートがレース中にいわゆるランナーズハイの状態に突入した瞬間を記録した、おそらくスポーツ科学的にも貴重な映像であると思われるのだが、ではランナーズハイとは何か? というと実は定義はむずかしい。「山本健一が体験していたような現象」というしかないのだ。

 もちろん脳機能学や脳生理学の専門書をひもとけばランナーズハイについての項目があって、モルヒネに似た強い脳内麻薬物質であるエンドルフィンが分泌することで起きる生理現象とある。

 そしてこの脳内ホルモン「エンドルフィン」は長距離走のような強い負荷を肉体にかければ放出され、脳の受容体に作用して肉体が悲鳴を上げる痛みを緩和し、多幸感さえ作り出す─―などと説明されている。

 これはこれで実験で確認された事実であり、科学的な説明にはなっているのだが、人間の身体と運動を生理・心理・物理の観点から総合的に研究している関西大学の小田伸午先生(人間健康学部教授)は、「ランナーズハイが起きるのは脳内でエンドルフィンが作用しているからだという定説は、山本さんに起きた現象を説明するための一つの手段であって、これですべてが説明できているわけではない」という。

【次ページ】 「ランナーズハイ」は世間で一人歩きしている?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
山本健一
私とラン

ページトップ