Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ヤクルト新監督の野球哲学> 小川淳司 「燕を甦らせた男の眼力と深謀遠慮」 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byDaisaku Nishimiya

posted2010/11/19 06:00

<ヤクルト新監督の野球哲学> 小川淳司 「燕を甦らせた男の眼力と深謀遠慮」<Number Web> photograph by Daisaku Nishimiya
今季途中、急きょ監督代行に就任した地味な男は、
不振のヤクルトを見事に生き返らせた。本人と関係者の
証言をもとに、新監督の素顔とその手腕に迫る。

「自分でいいのかな、というのが正直な気持ち」

 9月20日、小川淳司はスワローズの来季の監督に就任することが決まった。その第一声がこれだった。プロ野球の監督は、「オレが」「オレだ」と肩を怒らせて前に出る人がなるものだというイメージがあるが、こんなに謙虚な就任コメントはあまり例がないだろう。

「いや、謙虚でもなんでもない。ぼくは選手としての実績もないし、ネームバリューもない。指導者としても立派な成果があったわけじゃない。それが12人しかいないプロ野球の監督のひとりになるんだから。自分には不相応な仕事だとほんとうに思っています」

監督代行就任後、チームは劇的な立ち直りを見せた。

 では、ひたすら「身分不相応」とへりくだり、監督就任に困惑しているかといえば、もちろんそんなことはない。戸惑いながらも引き受けたことはなにより意欲の表れだろう。

「こんな話は一生に一度あるかないか。そういう話をいただいた。やってやろう。野心のようなものも多少はありますよ」

 根拠のない野心ではない。

 監督代行としてスワローズの指揮をとるようになった5月27日の試合前の時点で、スワローズは13勝32敗1分けと不振にあえいでいた。交流戦では9連敗という不名誉な記録も残した。勝率わずか.289で、負け越しは19もあった。

 ところが、小川が監督代行に就任すると、チームは劇的な立ち直りを見せる。小川が代行になって以降の勝率は.621で、19あった借金を完済し、4つの貯金まで作った。最後は息切れしたが、一時はクライマックスシリーズ争いに加わる勢いを見せた。このような劇的な回復を導いたのは、なんといっても小川の手腕といっていい。監督としての野心を持っても当然だろう。

育成の手腕を評価され、二軍監督を9シーズンも務めた。

「野心とはいっても、自分の力に自信を持っているということではないですよ。ぼくの監督就任は100%人の力。選手、ファン、スタッフ、そしてフロントの人たちの後押しがあってのものです。だから、監督として何かやってやろうというよりも、そうした周りの人たちへの感謝、その人たちの期待に応えなくてはという気持ちのほうが強いですね」

 実績もネームバリューもないと謙遜するが、小川の球歴は決して地味なものではない。なんといっても甲子園の優勝投手である。1975年、習志野高校3年のとき、エースで5番として活躍し、千葉に大旗をもたらした。中央大学に進んでからは強打で鳴らし、日米大学野球では、同学年の岡田彰布(早大)、1歳下の原辰徳(東海大)と全日本のクリーンアップを組んだ。社会人を経てスワローズに入団して以降は、主に代打として活躍したが、引退後はスカウトを経て二軍コーチになり、二軍監督を9シーズンも務めた。これだけ長く二軍を預かった例はあまり聞かない。それだけ育成の手腕を評価されていたわけだ。

【次ページ】 野村克也の野球哲学に学んだ指導者としての心得。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
東京ヤクルトスワローズ
小川淳司

ページトップ