詳説日本野球研究BACK NUMBER

大豊作と言われた2010年ドラフト。
セ・リーグで最も得をした球団は? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/11/04 10:30

大豊作と言われた2010年ドラフト。セ・リーグで最も得をした球団は?<Number Web> photograph by KYODO

巨人から1位指名あいさつを受けた中大・澤村拓一投手。原監督のサインとドラフト会議で使ったパソコンを記念に贈られ、笑顔を見せる

 斎藤佑樹、大石達也(以上早大・投手)、澤村拓一(中大・投手)の去就に注目が集まった2010年ドラフト会議。注目の逸材はどの球団に指名されたのか。また、12球団の中で最も納得のいく指名をした球団はどこなのか。セ・パ両リーグに分けて検証していくことにしよう。まず今回はセ・リーグを検証する。

澤村の一本釣りに成功した巨人……90点

 補強ポイントは即戦力の先発投手だったが、大物右腕・澤村拓一(中大)の1位交渉権を獲得したので高得点にした。今季、主な先発投手の成績は次の通り。

 東野峻13勝8敗、内海哲也11勝8敗、藤井秀悟7勝3敗、ゴンザレス5勝13敗、朝井秀樹4勝1敗、オビスポ2勝3敗、グライシンガー0勝2敗

 東野以外は総崩れと言ってもいい惨状である。

 澤村は神宮球場のスピードガン表示で、大学生としては史上最速の157キロを出した本格派だが、スライダー、フォークボールを交えた緩急の使い方も心得ていて、今季は強豪校が揃う東都大学リーグで防御率0.82(1位)の成績を挙げた。もちろん、1年目からのローテーション入りが濃厚で、2ケタ勝利を挙げる可能性を秘めている。

大野の肩は完治すると読んだ中日……80点

 吉見一起と並ぶ投手陣の柱、チェンのメジャーリーグ移籍が現実的な脅威として存在している以上、ローテーションの一角になり得る左腕の獲得は急務だった。1位の交渉権を獲得した大野雄大(佛教大)は秋のリーグ戦こそ肩の故障で全休したが、大学選手権で強豪・東北福祉大を2安打完封した実力は斎藤たちトップ3に劣らない。来年夏頃に故障が完治するという前提で評価すれば80点をつけてもいい。

 2位の吉川大幾(PL学園・遊撃手)は走攻守3拍子が揃った高校生スラッガーで、とくにリストの強さには目を見張るものがある。球団によっては高校生野手を育て切れず、素質を埋没させるケースがあるが、中日は森野将彦、荒木雅博、堂上直倫をレギュラー級に育て上げた実績が光る。吉川はバッティングに悪いクセがなく、走守も高いレベルにあるので挫折する要因が少ない。

【次ページ】 質より量で即戦力投手を指名した広島……70点

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ドラフト会議

ページトップ