野ボール横丁BACK NUMBER

ロッテと中日の勝敗を分けたもの。
史上稀に見る持久戦の真実とは? 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2010/11/08 12:45

ロッテと中日の勝敗を分けたもの。史上稀に見る持久戦の真実とは?<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 なぜ、中日はあそこでゲームを捨てたのか――。

 2勝2敗のタイで迎えたシリーズ第5戦のことだ。中日の先発は「第5の男」となった中田賢一。

 CSでは出番がなく、およそ1カ月振りの実戦のマウンドだった中田は、制球が安定せず、初回にいきなり5連打を浴びて4失点。

 両者ともに負けたら後がなくなる。ひょっとしたら、監督の落合博満は、動くかとも思ったが動かなかった。

 中田はその後も不安定な投球が続き、傷口はさらに広がった。

 4回。過去4戦までわずか3安打と不調だった4番サブローにカウント2-0から2ランを浴びる。

 6-1。前半とはいえ、6点は重い。ましてやこれ以上となると致命傷になりかねない。それでも落合監督はベンチの奥で腕を組んだまま鎮座していた。第1戦の先発、吉見一起のときは3回3失点で早々に見切ったというのに(5-2でロッテが先勝)。

「3つまで負けられる。想定内だ」(落合監督)

 わからないでもない。前日の第4戦、中日は先発の山本昌が、これまた3回3失点で降板。その後、6人をつぎ込み「えらい下手なゲームをやった」(落合監督)と何とか延長11回を4-3で制していた。中日の先発陣は第4戦まで第2戦(中日が12-1で取り返す)のチェン以外は、いずれも4回すら持たずに降板。中継ぎ陣を休ませるためにも、この試合は中田を引っ張らざるをえなかった。

 結局、中田は5回までマウンドに立ち続け、これまでの日本シリーズの先発投手としてはワーストとなる9失点。この時点で落合監督は完全にゲームを捨てていた。終盤には、和田やブランコなどの主力をベンチに下げるほどの念の入れようだった。

 試合は4-10で完敗。ロッテに王手をかけられた。

 それでも落合監督は試合後、こう気丈に振る舞った。

「こういう試合で無理するか? 3つまで負けられる。想定内だ」

 本当だろうか。勝敗をそんなに自由にコントロールできるものなのだろうか。シーズン中ならまだしも、シリーズはわずか7試合である。

 もちろん、第6戦、第7戦は、今季、ポストシーズンも含めると55勝19敗1分け(勝率.743)と圧倒的な数字を残したナゴヤドームに帰ることができる。吉見とチェンという2本柱も控えている。それらのプラス材料が「想定内」と言わしめたのだろうが、それまでの戦いですでに中日らしからぬ細かいミスや、相次ぐ先発陣の不調など「想定外」のことがいくつも起こっていたように、短期決戦では何が起こるかわからない。

【次ページ】 ナゴヤドームとチェン。必勝態勢で臨んだ第6戦だった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
中日ドラゴンズ
千葉ロッテマリーンズ
落合博満

ページトップ