SCORE CARDBACK NUMBER

日本人には試練の1年。
球団選びの重要性を思う。
~松井秀喜と高橋尚成の明暗~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2010/10/20 06:00

シーズン終盤には復調の兆しを見せたものの、「残念な1年だった」と振り返った松井秀喜

シーズン終盤には復調の兆しを見せたものの、「残念な1年だった」と振り返った松井秀喜

 2010年大リーグ公式戦の全日程が終了した。今年もイチローが9月23日に10年連続200本安打を達成し、新たな歴史を刻んだ。その一方で、14人の日本人メジャーは、それぞれに苦悩し、厳しい現実と向き合ってきた。

 各選手とも事情は異なるものの、今季は試練多き1年だった。エンゼルスに移籍した松井秀喜は、最終的に20本塁打、80打点をクリアしたものの、前半戦の低迷が響き、来季の再契約は難しい状況となった。昨季の4勝から復活を期したレッドソックス松坂も、春季キャンプでの調整遅れに始まり、復帰後は好不調の波が激しく、2ケタ勝利には届かなかった。アストロズからロッキーズ傘下に移籍した松井稼頭央、パイレーツ岩村は、ともにシーズン途中からマイナー暮らし。前半戦、相次ぐ故障に見舞われ、戦列を離れたオリオールズ上原は、一時は「引退も考えていた」と漏らすほどだった。

チームカラーやGM、監督の野球観も球団選びの重要な要素。

 成績低下の原因が故障のように明確であれば、納得できるし対処の仕様もある。ただ、チーム事情という不明確な理由で出場機会を失う場合も少なくない。だからこそ、日本人選手にとってチームカラーや、GM、監督の持つ野球観は重要な要素となる。イチローのように自らのプレースタイルや立場を完全に確立した選手はともかく、首脳陣の構想やチーム構成によって、毎年のように各選手の役割は変わる。打順が1番から下位まで日毎に変わったカブス福留は、試合当日、球場入りして初めてその日の役割を知らされた。その一方で、「自分がファンだったら、1-0のような試合は見たくない」と公言するピネラ前監督のように豪快な攻撃野球を好む指導者に、細かいプレーやつなぎの意識を大事にする日本人の野球観はなかなか理解されない部分もある。セイバーメトリクスの浸透により、データ面では細分化されたが、進塁打や数字に表れない守備力などは依然として評価されにくい。

 体調管理はもちろんだが、求められる役割を把握したうえで、自らの長所を最大限に生かせるチームでプレーすることも大事だろう。マイナー契約から這い上がり、1年目から先発、抑えで活躍したメッツ高橋の適応力は、今後、メジャーでプレーする選手にとって大きなヒントとなるに違いない。

■関連コラム► 来季はシカゴかオークランド? それでも松井秀喜が自信を得た理由。
► 3年目にして到達した“安定”の域。それでも黒田博樹はメジャーを去る?
► クローザーとして蘇った上原浩治。MLBきっての“モテ男”の来季を占う。

ページトップ