野球善哉BACK NUMBER

報徳・田村、京都外大西・松岡……。
甲子園を沸かせる1年生の逸材たち。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/08/02 12:30

報徳・田村、京都外大西・松岡……。甲子園を沸かせる1年生の逸材たち。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

 逸材は颯爽と現れるものだ。

 甲子園を目指した地方大会がすべて終わった。この1カ月はその戦いぶりを追いかけてきたのだが、今年は1年生の原石たちに出会った夏でもあった。

 といっても、単に1年生で試合に出ているから楽しみなのではない。その素材自体が、学年に関係なく大いに期待できる逸材なのだ。筆者の住む関西での話なのだが、この夏限定ではなく、これから3年間でどうなっていくのか楽しみな3人が出現した。

 報徳学園の背番号「18」田村伊知郎(写真)は、上背は無いが、アウトコースへの精巧なコントロールが光る本格派右腕だ。MAX139キロのストレートとスライダーを武器に、兵庫県大会では3年生エースの大西一成と分け合いながら、いや、実質はエース格として登板。準決勝の神戸国際大付戦では、今秋ドラフト候補の一人として注目される相手エース・岡本健に投げ勝った。

「高校3年間で松坂さんを越えたいと思っている」

 決勝での登板は先輩の大西に譲ったが、満を持して聖地の舞台を踏む。

「1年生で甲子園に出られるとは思っていませんでした。1年生で活躍したというので、思いつくのは中田翔(日ハム)さんですかね。自分では松坂大輔(レッドソックス)さんが目標とする選手。高校3年間で松坂さんを超えたいと思っているので、それを目指して頑張ります。今年だけで終わらないよう、来年も僕にはあるので、いい経験にしたいですね。ストレートで勝負できるピッチャーになりたい」

 その落ちついた語り口からはおおよそ1年生とは想像できない。報徳学園・永田裕治監督の話によれば、野球だけでなく、学業成績もよく、学校生活も安定しているという。まさに、品行方正な逸材なのである。

プレッシャーに強い成長株、京都外大西・松岡潤樹投手。

 同じく甲子園行きを決めた京都外大西・松岡潤樹は長身からのストレートが魅力の本格派右腕である。松岡は田村ほどにチーム内で重要な役割を担っているというわけではない。春季大会からベンチ入りし、期待はされているが、3年生のエース・中村允、2年生・佐藤優太らに次ぐ投手陣の一人として、チームに貢献している投手だ。

 府大会4回戦の大谷戦では、瀕死の危機に陥ったチームを救った。7回途中から救援登板。9回までビハインドの試合で粘投し、同点になってからは、1点取られれば敗退というプレッシャーに打ち勝ち、延長13回を投げ抜いた。「今までも登板させてもらってきましたけど、今日の好投で、だいぶ自信になりました」と淡々と話していた。日増しに成長を感じさせているだけに、甲子園での活躍、そして、この秋以降の成長が実に楽しみである。

【次ページ】 智弁学園の青山大紀は3人の中でも群を抜く存在!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード

ページトップ