欧州CL通信BACK NUMBER

ドルトムントはレアルにどう挑む?
“武器”を封印したクロップの決意。  

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/04/24 12:25

ドルトムントはレアルにどう挑む?“武器”を封印したクロップの決意。 <Number Web> photograph by Getty Images

今季のCLグループステージ、レアル・マドリーとの対戦で1勝1分けの結果を残したドルトムント。しかしクロップ監督(左)は「グループリーグの時とは別のチームになっている」とモウリーニョ監督(右)率いる相手を警戒している。

 ドルトムントとレアル・マドリーによる準決勝――。今季のチャンピオンズリーグ(CL)で「死の組」と呼ばれたグループDから勝ち上がった両チームの再戦となる。

 グループステージでは、まずドルトムントがホームで2-1と勝利を収め、続くマドリードでは2-2と引き分けた。

 それから5カ月、4月24日にドルトムントで行われる準決勝1stレグ。レアルの胸スポンサーとしてもお馴染みのブックメイカーbwin社は、レアルの勝利に2.45倍、ドルトムントの勝利に2.65倍、引き分けに3.5倍のオッズをつけているが、果たしてどうなるのだろうか。

 まず目を向けたいのはホーム、ドルトムントの戦い方だ。準々決勝マラガ戦の2ndレグは、試合終了間際の逆転劇がドラマチックではあったが、ドルトムントが目指したサッカーとはほど遠い内容だった。いわば“最悪のパフォーマンス”しか見せられなかった試合を受けて、ドルトムントはどのような戦いを見せるのか。

ドルトムントがこの試合で最初に考えるのは、失点しないこと。

 今シーズンのドルトムントは、相手陣内で、相手に渡ったボールをすぐに取り返すためのプレスである「Gegen pressing」(ゲーゲン・プレッシング)を放棄している(準々決勝マラガ戦2ndレグのレビュー記事を参照)。

「私はデータから学んだんだ。(ヨーロッパの頂点を争う舞台では)プレスをかけるチームは勝利の可能性を減らす」

 クロップ監督はそのように理由を語っている。

 ホームで戦いながら2度にわたりリードを許したマラガ戦を経験し、ドルトムントは改めて今季の“基本”に立ち返った戦い方をしてくるはずだ。つまり、前から積極的な“ゲーゲン・プレッシング”をせず、しっかりと自陣のスペースを埋め、奪ってから短い時間で、少ないタッチ数で相手ゴールを目指すことになるだろう。

「(マラガ戦は)これまでのCLの中で最悪のゲームだった」

 クロップ監督はそのように振り返ったが、準決勝を前にディフェンスリーダーのフンメルスも強調している。

「準決勝は、(準々決勝2ndレグの前までの)9試合のような戦い方をしないといけない。だから今回はまず、無失点で勝ちたい」

 彼らがこの試合で最初に考えるのは、失点しないことなのだ。

【次ページ】 グループステージでレアルが見せたカウンター戦術。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ボルシア・ドルトムント
レアル・マドリー
ユルゲン・クロップ
ジョゼ・モウリーニョ

ページトップ