欧州CL通信BACK NUMBER

バルサ、バイエルンに0-4で完敗……。
露呈した“メッシ・システム”の限界。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/04/24 12:15

バルサ、バイエルンに0-4で完敗……。露呈した“メッシ・システム”の限界。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

メッシは90分間フル出場したが、コンディションの悪さは否めず、バイエルンのゴールを脅かすことはできなかった。

 バイエルンの選手がピッチの上で抱き合う中、バルセロナの選手はうつむき加減で、とぼとぼとロッカールームへ歩いていく。

 対照的な両チームの選手たちの頭上、アリアンツ・アレナのスコアボードには4-0という文字が輝いている。

 チャンピオンズリーグ準決勝1stレグの結果は、恐らくは誰も想像していなかった大差に終わった。

 フィジカル、スピード、高さ、運動量、そして采配――。すべてにおいてバイエルンが上回る、記念碑的な圧勝だった。

 大勝を生んだ最大のポイントは、バイエルンの非ポゼッション時の中盤の守備にある。

 最前線のマリオ・ゴメスは中盤まで下がり、“スタート地点”ブスケッツへのボールを制限した。シュバインシュタイガーはシャビに、ハビエル・マルティネスはイニエスタにぴったりとつき、時間とスペースを与えない。

 ブスケッツ、シャビ、イニエスタの3人に時間とスペースを与えず、後方のピケとバルトラに持たせる――。方針は徹底されていた。

 ガチガチに固められた中盤にバルサは出しどころを見つけられない。選択肢はCB(ピケ&バルトラ)に戻すか、サイドバックへの横パスだけ。そしてこの展開はほぼ90分間続くことになる。

バルサの攻め手を完全に断つことに成功したバイエルン。

 開始2分とたたないうちに、早速ロッベンがエリア内に入りシュートを放つ決定機を作り出している。バイエルンは中盤での激しいプレスからボールを奪うと、リベリーとロッベンの個人技を絡めながら時間をかけずに縦へ攻めた。横や後方へのパスを繰り返し、探り続けたバルサとは好対照だった。

 先制点は、前半25分。高さに不安を抱えるバルトラの後方のスペースを狙って得たCKからの流れを、ダンテが高さで競り勝ち、ミュラーが決めたもの。前半は1点のみに終わったが、バイエルンの優勢は明らかだった。

 際立ったのはハビエル・マルティネスの存在感だ。激しさと読みの鋭さで対面のイニエスタを1対1で完封し、中盤中央で起点を作らせなかった。90分間試合から消えていたメッシ以外で中央からの崩しが期待できるのは、現在はイニエスタだけだ。そんなイニエスタを消したことで、バイエルンはバルサの攻め手を完全に断つことになる。

 両ウイングの献身も光った。リベリーはダニエウ・アウベスが上がると自陣深くまでついていき守備でも貢献。反対サイドのロッベンも同様だった。

 後半に入ってからも趨勢は一向に変わらない。バイエルンは高さを上手く生かし、CKとクロスを繰り返した。2点目も再びCKから高さで競り勝ち、中でマリオ・ゴメスが押し込んでいる。

【次ページ】 後半になっても変わらないバイエルンの運動量。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バイエルン・ミュンヘン
バルセロナ
マリオ・ゴメス
ハビ・マルティネス
アンドレス・イニエスタ
フランク・リベリー
アリエン・ロッベン
ダニエウ・アウベス
ルイス・グスタボ
ティト・ビラノバ
リオネル・メッシ
ユップ・ハインケス
マリオ・ゲッツェ
バスティアン・シュバインシュタイガー
セルヒオ・ブスケッツ
マルク・バルトラ
ジェラール・ピケ
シャビ
トーマス・ミュラー
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ