私とDo 特別編BACK NUMBER

<フルマラソン、みんなのマイ・ルール> 銀行員・三浦美佐子 「ウェアは派手に、ゼッケンは胸の高い位置に」 

text by

松山梢

松山梢Kozue Matsuyama

PROFILE

photograph byMami Yamada

posted2013/04/24 06:00

<フルマラソン、みんなのマイ・ルール> 銀行員・三浦美佐子 「ウェアは派手に、ゼッケンは胸の高い位置に」<Number Web> photograph by Mami Yamada
最近初めてフルマラソンを走った人から、完走1000回を目指す人まで……。
立場も走力も違うフルマラソン経験者がそれぞれ挙げた、独自の哲学とは?

好評発売中の雑誌Number Do『フルマラソン 100人のマイ・ルール
~42.195kmを賢く走ろう~』
より、今回は銀行員ながら3時間台前半のタイムをマークする三浦美佐子さんのランニング方法を特別に全文公開します!

 銀行員として働くかたわら、年間3~4回フルマラソンに出場している三浦さん。「目標は3時間15分を切って大阪国際女子マラソンに出場すること」という本気ぶりとは裏腹に、フルマラソンのルールには女子ならではの見た目のこだわりが満載だ。

かわいい格好で男性を抜き去ると、応援してもらえることも(笑)。

三浦美佐子 みうらみさこ
都内の銀行に勤める会社員。当初は完全なファンランナーだったが、ランニングクラブ「クラブ・マイスター」に入会するとメキメキ上達。毎朝5時台に起床し、出社前と退社後の練習は欠かさない。

 普段の服装は黒や紺など超シンプル。でもランウェアだけは派手にしたほうがモチベーションが上がるので、かわいい格好をするように心がけています。所属チームのシンボルマークが星なので、必ず星柄をどこかに取り入れますね。テーピングもベージュじゃカッコ悪いのでピンクに。たとえ見えない場所に貼っていても、勝負下着みたいに気分がアガるんです。サンバイザーも顔映りのいい明るい色を選んでいます。

 かわいい格好をしていると、男性を抜いたときに沿道から、「かっこいい! がんばって」と声をかけられることも(笑)。応援してもらえると元気が湧いてくるし、笑顔で走ることができるんです。あとゼッケンを胸の高い位置につけることもこだわりです。お腹につけるよりも足が長く、スタイルも良く見えるんですよ。

レースの2週間前には20km、1週間前に10kmのレースに出場する。

 レースの前は、2週間前に20km、1週間前に10kmのレースに出場することもマイ・ルール。記録が良ければ本番で「あのタイムで走れたから大丈夫」と言い聞かせることができるし、悪かったら「あの時は疲れていただけ。十分休養できたから本番では走れるはず」などすべてポジティブに変換し、失敗レースもムダにしないようにしています。

 とはいえ目標の3時間15分切りはまだ達成できていないので、自己ベストが出ても2、3日泣きながら過ごすほど落ち込みます。それでも気持ちを立て直して頑張れるのは、3年前に「一緒に大阪国際女子マラソンに出場しよう」と約束した仲間がいるから。どれほど精神的に辛くても、応援してくれている仲間のために、「頑張らなきゃ」って思えるんです。

三浦美佐子さんのマイ・ルール!

 ◇ ウェアはとにかく派手に。

 ◇ ゼッケンは胸の高い位置に付ける。

 ◇ フルの2週間前に20km、1週間前に10kmのレースに出場する。

フルマラソン 100人のマイ・ルール~42.195kmを賢く走ろう~

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number Do 2013 Spring

フルマラソン 100人のマイ・ルール
~42.195kmを賢く走ろう~


【スペシャル対談】 高橋尚子×瀬古利彦 「達人のルール、教えます」
【市民ランナーに学べ】 東京マラソン密着取材 「完走者50人のルール」
【みんなのマイ・ルール】 練習法、食事、レース運びのコツ 太田雄貴/にしおかすみこ ほか
【爆走娘・福士加代子に聞く】 30kmの壁を克服する方法

目次ページへ

関連コラム

関連キーワード
私とラン

ページトップ