SCORE CARDBACK NUMBER

新日“春の陣”が左右する、
棚橋、オカダ時代の行方。
~4・7、IWGPベルトを懸けて激突~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/04/07 06:00

IWGPベルトをかけての戦いは4度目となる棚橋(左)とオカダ。わずか3カ月での再戦。

IWGPベルトをかけての戦いは4度目となる棚橋(左)とオカダ。わずか3カ月での再戦。

 新日本プロレスのエース・棚橋弘至が、ニュージャパンカップ(NJC)覇者、オカダ・カズチカの挑戦を受けて立つ。4月7日、東京・両国国技館で行なわれるIWGPヘビー級選手権試合のことだ。

 二人の対戦成績は棚橋の2勝1敗。棚橋は8度目の防衛がかかる。一方のオカダは“春のG1”NJCを初出場、史上最年少25歳で制した勢いに乗る。3月23日、後楽園ホールで行なわれた決勝戦。3回優勝の後藤洋央紀を相手に、オカダの戦いぶりは見事だった。後藤の必殺技、昇天・改(変形の首折り落とし)を耐えしのぎ、得意のレインメーカー(至近距離からのラリアット)を決めた攻撃はそつがなく、明らかに成長の跡が見てとれた。

 特に191cmの長身から繰り出すドロップキックは絵になる。後藤をポスト最上段に担ぎ上げ、助走なしで放った一発、さらに背後から後頭部にヒットさせた飛行距離のある一発は、超満員のホールの観客席を「オゥーッ」とどよめかせた。素晴らしい跳躍力と高い身体能力は、他の選手と「品物」が違う。まだまだ伸びる、棚橋をしのぐほどの逸材だ。

 オカダはこれで、昨年8月のG1クライマックス初優勝、昨年2月のIWGP戦を含め、ビッグタイトルを総獲り。反体制派の黒いユニットCHAOSの若大将として新日本のど真ん中に立った。

防衛回数を伸ばす棚橋相手でも「時代を変える」と公約したオカダ。

 エース棚橋は「短いスパンだけど、対戦は楽しみ」と余裕のコメントだが、マネージャーには外道がついており、オカダが厄介な相手であることに変わりない。

 仮に棚橋がこのオカダ戦を突破すれば、5月3日に予定されているIWGPタイトル戦(福岡国際センター)が9度目の防衛戦となり、自らの防衛記録V11更新も射程に入る。逆にオカダが「時代を変える」という公約通り、ベルト奪回に成功すれば、このまま夏まで一気にG1の2連覇も見えてくる展望だ。

 好調の新日本、夏のバトル・ラインが決まるこの一戦。早くも“真夏の祭典”両国G1に向けて他選手の存在も見え隠れする。棚橋に対し無言を貫いているクネクネ人気のインターコンチ王者・中邑真輔や、ケガからの復帰が近いと言われる'11年G1準優勝の内藤哲也の思惑も絡み、4・7両国・春の陣は波乱含み。逸材同士の覇権争い、結果が楽しみだ。

関連コラム

ページトップ