野球善哉BACK NUMBER

開幕ローテ確定の阪神・藤浪晋太郎。
新人離れした“巧さ”が直球を殺す。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/03/29 10:31

開幕ローテ確定の阪神・藤浪晋太郎。新人離れした“巧さ”が直球を殺す。<Number Web> photograph by Kyodo News

春季キャンプ中、オリックスとの練習試合で初めて登板した時の藤浪の投球フォーム。

 巧い――。

 思わずそう口にしそうになった。

 超大物ルーキー・阪神・藤浪晋太郎のオープン戦最終登板を見た時のことだ。

 150キロ台のストレートとコーナーに決まる多彩な変化球もさることながら、投球テンポを1球ごとに変えたり、走者を背負った時には、打者の集中を乱すかのように絶妙なタイミングで牽制球を挟んだりする。マウンド上の所作ひとつひとつのどれをとっても、高卒1年目の投手とは思えない「巧さ」が際立っていた。

 登板日前日の投げ込みがたたり、この日は6回途中6失点でマウンドを降りたが、マウンド上での佇まいや、ピンチ時の面構えなどはルーキーのソレではなかった。

「大舞台の経験もあるし、高校時代は最高の舞台で最高の成績を残してきた。場馴れしているし、バタバタすることはないと思う」

 阪神・和田豊監督はそう話し、開幕3戦目での藤浪の先発起用を明言している。

大勢の記者の質問を落ち着いた受け答えで巧みにかわす。

 囲み取材の受け答えも一人前だ。

 この日の登板は、藤浪がプロに入って初めてKOされた試合とあって、記者たちも心配そうに質問を投げかけたが、巧妙な語り口で記者たちに付け入る隙を与えていなかった。

──今日は(走者がいなくても)セットポジションでしたが?

「高校の時も、セットポジションで投げたことはありましたし、特に、どうということはないです。試合前のブルペンの投球練習で、セットで投げてみたら安定したので、試合でもやってみました。球威どうこうということではなく、安定して投げられたと思います」

──大量失点となった理由は、ピンチを迎えて緊張した、もしくはこれほど失点する経験が初めてだったので、ということですか?

「特に(緊張は)なかったです。打たれても落ち着いて投げられていましたし、もともとピンチでテンパるタイプではないので」

 藤浪は、まるで答えが用意されているかのようなありきたりな質問には簡単に同調しなかった。

 いや、とりあえずは同調してくれるのだが、さらに言葉を重ねて答えを返してくる。この質問でも、セットポジションについて尋ねただけで、その先にある質問を予測し、セットポジションでの球威への影響まで答えてくれている。

 質問する方としては少々やりにくい……だが、これが藤浪という男なのだ。

「今日は点を取られましたが、見つかった課題よりも収穫の方が多かった。点を取られたことで、力加減が分かった。こうやれば抑えられるとつかめたものがありました。点を取られた以外のイニングはしっかりできていたし」

 テキパキと答える藤浪の前で、やがては記者たちの質問も尽きていった。

【次ページ】 “虎の救世主”に積み残されたままのストレートの課題。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
阪神タイガース
藤浪晋太郎
和田豊

ページトップ