フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ソチGPファイナルを日本勢が独占!
浅田真央、3度目の優勝の意義。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO SPORT

posted2012/12/10 11:15

ソチGPファイナルを日本勢が独占!浅田真央、3度目の優勝の意義。<Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO SPORT

フリーで「白鳥の湖」を見事に演じきった浅田。不振を極めた昨季から、新しいステージへ向かう強い意志を感じさせる素晴らしい演技で、大会会場のみならず、世界中の観戦者を魅了した。

「文句なしに素晴らしい演技だった。すごく、すごく満足しています」

 コメントを求めると、タチアナ・タラソワはこぼれるような笑顔でそう答えた。彼女自身が振付けたプログラム、「白鳥の湖」を浅田真央が大きなミスなく滑り終えた直後のことである。

 ソチ五輪のテストイベントとして開催されたGPファイナルという特別な舞台のためなのか、女子フリーでは普段は見られないようなミスが続いていた。今季、GPシリーズでは快調な演技で二連勝したアシュリー・ワグナーも、ここではフリーで2度転倒して2位に終わった。

 そんな中で最終滑走だった浅田真央は、いくつか回転不足と認定されたジャンプがあったものの、最後まで全体の流れを崩すことなく白鳥の美しさを演じきった。

「今日のフリー演技は、GPの2つの大会の失敗と成功をカバーできたと思います」と会見で嬉しそうに語った。

棄権の可能性もあった腰痛をこらえて挑んだフリー。

 SP、フリー通してトップを保ったレベルの高い演技だったが、体調万全で臨んだわけではない。それどころか試合前には腰痛に悩まされ、棄権する可能性すらあったのだという。普段はめったに弱音をはくことのない浅田が痛いと言うのなら、かなり痛かったのだろう。

「NHK杯の後から体を休める暇もなく、疲れがたまっていました。ここでの6分間ウォームアップでも、体に力が入らなかった」

 そんな不安な状態ながら、あれだけの演技ができたのには、佐藤信夫コーチの言葉があったからだ。

「この状態でどこまでできるのか見せてごらん、と言われて、よし、試してみよう、と気持ちを切り替えることができました」

 チャイコフスキーによるバレエの名曲の旋律がリンクに響き渡ると、ロシアの観客の中から軽いざわめきと拍手が起きた。それは、本人にも聞こえたのだという。

「ロシアで『白鳥の湖』はたくさん見ています。タラソワ先生も会場に来ているのを知っていたから、いい演技を見せたいと思って滑りました」

 そのタラソワは、目を細めて愛弟子を絶賛したことはすでに確認ずみだ。

【次ページ】 会見場を温かい笑いで包んだ浅田真央のコメント。

1 2 3 NEXT
タチアナ・タラソワ
浅田真央
アシュリー・ワグナー
キム・ヨナ
羽生結弦
鈴木明子
パトリック・チャン
高橋大輔
ソチ五輪
オリンピック

ページトップ