SCORE CARDBACK NUMBER

ガルシアパーラの
粋で洒落た引退式。
~レッドソックスへの思慕を胸に~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2010/06/15 06:00

ガルシアパーラの粋で洒落た引退式。~レッドソックスへの思慕を胸に~<Number Web> photograph by AFLO

メジャー14年間で通算打率.313、229本塁打、936打点。今後は解説者として活動する予定

 少し感傷的で、温もりのある光景だった。昨季限りで現役生活にピリオドを打ったノーマー・ガルシアパーラ(36)の引退セレモニーが、背番号「5」にちなんだ5月5日、レッドソックスの本拠地フェンウェイパークで行なわれた。

 春季キャンプ中の3月10日、レッドソックスのキャンプ地フォートマイヤーズで1日だけのマイナー契約を結び、その直後、正式に引退を表明した。「ここで引退できることを感謝したい。とても光栄に思う」。女子サッカーのスター選手だった妻ミーア・ハムら家族が見守る中、ジョージア工科大の同期生バリテック捕手を相手に始球式を行なうと、地元ファンから総立ちの拍手が沸き起こった。

 '94年、ドラフト1巡目指名(全体12位)でレッドソックスに入団。'97年の新人王をはじめ、2度の首位打者を獲得するなど、看板選手として活躍した。'90年代まで遊撃手といえば守備型の選手が多かったが、ジーター(ヤンキース)、ロドリゲス(当時マリナーズ)と並び、端正な顔立ちとトップレベルの攻撃力で遊撃手のイメージを変えた。

一度はチームを放出されたガルシアパーラだが……。

 だが、その後は相次ぐ故障で成績は下降線を辿る。'04年には高額年俸もネックとなり、カブスへトレードで放出された。皮肉なことに、その年レッドソックスは86年ぶりにワールドシリーズを制覇。ガルシアパーラにも世界一リングは贈られたものの、故障には勝てず、ドジャース、アスレチックスへ移籍の末、ユニホームを脱ぐ決意を固めた。その一方で、古巣への思慕は消えなかった。

「僕の心には常にレッドソックスのユニホームがあったんだ」

 そんな気持ちに、レッドソックスが1日契約という粋な形で応えた。「彼はレッドソックスの歴史の中でも常に特別な存在」(オーナーのジョン・ヘンリー氏)。'07年にジェフ・ネルソンがヤンキース、'08年にはジェフ・コナインがマーリンズと1日契約して引退表明したのと同じように、チームやファンから愛された選手にふさわしいエンディングだった。

 移籍が頻繁な米国だけでなく、日本でも海外挑戦を含め数球団を渡り歩く選手は少なくない。選手にとっての引き際は、同時にファンにとっても貴重な別れ際となる。派手さは、むしろ必要ない。粋で洒落た引き際が、実に味わい深かった。

■関連コラム► ストレート勝負の本格派に変身中! 松坂大輔は魅力的な“悪女”である。
► “マネーボール”は健在。アスレチックスの節約術。 (09/03/26)

関連キーワード
ノーマー・ガルシアパーラ
ボストン・レッドソックス

ページトップ