スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ストレート勝負の本格派に変身中!
松坂大輔は魅力的な“悪女”である。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/06/13 08:00

ストレート勝負の本格派に変身中!松坂大輔は魅力的な“悪女”である。<Number Web> photograph by KYODO

日米通算150勝についてイチローが「遅いでしょ」とコメントしたことに対して、「僕もそう思う。自分が思っていたより2年くらい遅いですから」と答えた松坂

 松坂大輔は、まるで悪女のようだ。

 素晴らしい投球を見せ、「こりゃ、今年は本物に違いない」と思った途端、次の登板ではその期待を手ひどく裏切る。

 ああ、やっぱりアテにしちゃいけないんだ……と思って次の登板を見守ると、それはそれは魅力的な投球を披露する。

 困ったものである。

 レッドソックス・ファンは、今季ここまで、「いい松坂」と「悪い松坂」が交互に出現するので、どちらの松坂を信じればいいのか、とまどっているはずだ。

 ただ、これだけは言える。

 今季の投球を見る限り、松坂は魅力的なメジャーリーガーに変身しつつある――ということを。

ストレートが主体の、昨季とはうって変わった投球内容。

 なぜ、今季の松坂が魅力的かと言えば、投球内容が昨季までとはがらっと変わったからである。

 昨季と比べて大きく違っているのは、ストレートを投げる比率が圧倒的に増えていることだ。

 シーズン   ストレート  スライダー  カッター  カーブ  チェンジアップ   スプリッター 
 2007年   52.7% (91.9)   17.2% (82.3)   14.6% (86.9)   5.1% (77.4)   4.7% (80.9)   5.8% (82.8) 
 2008年   52.2% (91.8)   23.1% (81.7)   15.0% (88.6)   4.1% (78.5)   3.8% (82.2)   1.8% (82.9) 
 2009年   53.8% (91.1)   20.1% (81.7)   16.3% (88.3)   1.7% (79.4)   5.6% (81.1)   2.5% (82.0) 
 2010年   59.9% (92.0)   19.6% (81.7)   11.8% (89.8)   0.8% (77.7)   7.9% (81.9)     
 トータル   53.3% (91.8)   19.9% (81.9)   14.7% (88.0)   3.9% (78.0)   4.8% (81.5)   3.4% (82.7) 
※ ( )内は平均マイル数

 昨季まではストレートの割合は50%をようやく超える程度だったが、今季は60%近くがストレート。調子のいい時は、テンポよくストレートを投げ込み、これがストライクになっていく。

 ではメジャーリーグの本格派と呼ばれる投手だと、ストレートの比率はどれくらいなのか? おおよそ65%前後、3球に2球がストレートの組み立てになる。引退してしまったロジャー・クレメンスはキャリアを通じて64%という数字が残っているが、最盛期は70%近くをストレートで押していた。速球に自信がないと出来ない芸当だ。

 では、変化球主体の組み立てをする投手はどうか。ドジャースの黒田博樹を例に取ってみると、今季のストレートの割合は52%。得意のスライダーは35%にもなり、黒田は変化球を多投する「ブレイキング・ボール・ピッチャー」に分類される。

 松坂も昨季までは変化球投手だった。18勝をマークした2008年にはスライダー、カッター(カットボール)を投げる割合が38%にも上っていた。それで結果が出ていたのだ。

 興味深いのは、なぜ今季になって松坂はストレートの比率を上げたのか、ということだ。

【次ページ】 投げる球は自分が決める! 松坂は急速に変身中。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松坂大輔
ボストン・レッドソックス

ページトップ