熱パ!クライマックス劇場BACK NUMBER

リーグ3位からの下剋上なるか?
ソフトバンク、CS突破の3つの条件。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/10/17 11:55

リーグ3位からの下剋上なるか?ソフトバンク、CS突破の3つの条件。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

リリーフとしての活躍となると、9月18日の西武戦から5試合連続、13イニングを無失点継続中という活躍ぶりを見せている岩嵜。

 パ・リーグ頂上決戦となる、日本ハム対ソフトバンクのクライマックスシリーズ(以下CS)ファイナルステージでの下馬評は、「日本ハム有利」。そんな声が多いはずだ。

 10月2日まで熾烈な優勝争いを繰り広げ、9日までレギュラーシーズンを戦った。その後は、宮崎でのフェニックスリーグなどで調整を行っていたため実戦感覚は問題ない。

 戦力を見ても、投手は吉川光夫、武田勝の二枚看板に駒が揃い、増井浩俊、宮西尚生、武田久など豪華リリーフ陣もいる。打線にしても、故障の田中賢介を除けばベストメンバーと言える。

 もちろん、1位通過チームに与えられる1勝のホームアドバンテージ、それに初戦からエースを投入できることも大きい。

 だからといって、ソフトバンクはそう簡単には勝たせてはくれないだろう。それどころか、勝利すら予感させる。

 そんな試合を、ソフトバンクは西武とのファーストステージで披露していた。

ソフトバンクが下剋上を遂げるための、3つの条件とは?

 初戦、9回無死満塁の大ピンチを1失点で切り抜け2対1で勝利したかと思えば、第2戦では3回に一挙7点を奪われるなど0対8の大敗。しかし、第3戦では3対2と再び1点差で勝利し、ファイナルステージへの切符を手に入れた。

 なんとも不思議な戦いぶりだ。この3試合を振り返れば、良く言えば「粘り強い」。悪く言えば「不安定な戦い」となるだろう。

 だが実際には、3戦すべてが日本ハムを攻略するためには欠かせないゲームとなった。

 日本ハムを叩くためには不可欠な要素。それは、大きく3つ挙げられる。

 ひとつ目はロングリリーフの存在だ。

 ファイナルステージ第1戦は、陽耀勲と吉川の投げ合いとなる。今季9試合しか登板していない陽と、最優秀防御率に輝くなどチームの絶対的な柱となった吉川とでは力の差は歴然。何より陽の完投はわずか1。他のゲームでも5回前後でマウンドを降りているため、終盤まで投げるとは考えづらい。

 となるともうひとり、先発と同等の力を持つ投手が必要になる。ソフトバンクにとってその選手とは岩嵜翔だ。

【次ページ】 第1戦での岩嵜の投球が、CSでの趨勢を決める!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹
福岡ソフトバンクホークス
秋山幸二
陽耀勲
吉川光夫
武田勝
森福允彦
武田翔太
岩嵜翔
小久保裕紀
摂津正
中島裕之
クライマックスシリーズ

ページトップ