セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

インテル監督はセリエA最年少36歳。
若きストラマッチョーニの苦悩と現実。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/09/20 10:30

インテル監督はセリエA最年少36歳。若きストラマッチョーニの苦悩と現実。<Number Web> photograph by AFLO

膝の故障で若くして引退を強いられ、トップチームでの選手経験は1シーズンのみだが、現役時代は長友佑都(手前)と同じく、DFだったストラマッチョーニ。

 試合後の会見へ足早に向かうストラマッチョーニ監督の後姿からだけでは、インテルの勝敗をうかがい知ることは難しい。勝っても負けても、彼のいかり肩は緊張で凝り固まっているからだ。リーグ最年少監督として迎えたシーズンの出足、公式戦7試合を終えた段階で、EL、セリエAともに連勝がない。一進一退が続いている。

 夏の市場で積極補強を進めた結果、インテルの戦力は十分すぎるほどリフレッシュされた。ヨーロッパリーグでも十分優勝を狙えるポテンシャルは備わっている。にもかかわらず、序盤の成績が安定しないのは、EL予選のために8月中のコンディション調整に手間取ったことや中盤に故障者が続いたことも理由に挙げられるが、何より経験の浅い指揮官“ストラマ”の拙いゲームマネージメントによるところが大きい。

 耳慣れない東欧のチームを相手にしたEL予選では、敵地での初戦を快勝した後、ホームでの2戦目に冒険的すぎる布陣で臨み、冷や汗をかくパターンが続いた。新加入FWカッサーノを思い切って先発起用したセリエAの開幕ペスカーラ戦こそ大勝を収めたものの、サン・シーロでローマを迎え撃った第2節は痛恨の一戦だった。

ローマ戦で露呈したストラマの指導者としての経験不足。

 ストラマが育成部門の指導者として6年を過ごしたASローマは、監督稼業のイロハを学んだ愛着ある古巣である。生まれも育ちも生粋のローマっ子である彼にとって、幼少から通いつめたオリンピコ・スタジアムのゴール裏席は、自らの青春そのもの。今季13年ぶりにローマの指揮官へ復帰したリーグ最年長監督ゼーマンに至っては、36歳のストラマの青春時代のカリスマだった。

 同業の師へ敬意を払いつつ十分に研究して挑んだはずの試合は、弟子ストラマの完敗に終わった。ゼーマンの代名詞である布陣「4-3-3」に囚われて戦術対策を見誤り、旧友でもあるFWトッティに2アシストを許した。1―3というスコア以上に采配や選手起用、士気の高め方など、監督として重ねた年輪の差が如実に出た試合だった。ゼーマンは完勝にも眉一つ動かさず、トップチームへ抜擢されてからまだ1年にも満たない不肖の弟子へ向けて、強烈な教訓を与えた。

「私に言わせれば、サッカー監督はキャリアを作り上げる上で、きちんと下積みをする必要がある。ストラマッチョーニにはその経験がない」

【次ページ】 インテルでは無冠でシーズンを終えることは許されない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アンドレア・ストラマッチョーニ
インテル
ズデネク・ゼーマン
ローマ
長友佑都

ページトップ