F1ピットストップBACK NUMBER

ドイツGPで可夢偉がとった秘密作戦。
有松マネージャーのメモの中身は!? 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byMasahiro Owari

posted2012/07/26 10:30

ドイツGPで可夢偉がとった秘密作戦。有松マネージャーのメモの中身は!?<Number Web> photograph by Masahiro Owari

コース脇で何やら相談をしている小林可夢偉とそのマネージャーの有松氏(写真左)。F1グランプリではスタッフの誰一人として欠けても勝つことはできない、ということが証明されたエピソードでもあった。

 普段、いるはずのない男が小林可夢偉のマシンが停まっている12番グリッド脇にいた。

 可夢偉のマネージャーを務める有松義紀である。

 一口にマネージャーといってもさまざまなタイプがいる。スタート前にグリッドに行って、ドライバーのケアをする者もいれば、スタート前の慌ただしいグリッド上には敢えて行かずに、モーターホームから静かに見守る者もいる。有松のマネージメントスタイルは後者である。

 しかし、第10戦ドイツGPのスターティンググリッド脇には、有松の姿があった。しかも、ほかのマネージャーのように、パラソルを差して直射日光からドライバーを守っているわけでもなく、ドライバーのヘルメットを管理しているわけでもない。

 有松はアスファルトの上に座っている可夢偉の横で、小さなメモ書きを見せていた。そこには数字といくつかのアルファベットが書かれてあった。

チームの制約から解放された可夢偉が立てた作戦とは?

 この日、可夢偉はチームから、レース戦略に関して「自由に戦っていい」という確約を得ていた。

 じつは可夢偉は今回のドイツGPの予選でも、前戦イギリスGP同様、チーム側のミスによって、Q2で敗退するという憂き目に遭っていたのである。ことは予選だけではなかった。これまでのレースでもチーム側のミスによって、可夢偉が表彰台を逃したことがあった。

 そのひとつが第7戦カナダGPだった。チームメイトのセルジオ・ペレスと同様、1回ピットストップ作戦を希望しながら、チーム側から「計算上、2回ピットストップのほうが、レース全体で10秒速い」と諭され、レース直前に作戦を変更。しかし、タイヤのパフォーマンスダウンが予想以上に小さくなったため、その計算は狂い、1ストップのペレスが表彰台に登壇。10秒速くフィニッシュするはずの可夢偉は、ペレスの約20秒後方でフィニッシュした。

 チームも度重なるミスを認め、ついにドイツGPで「自由に戦っていい」という英断を下すのである。そこで可夢偉とレースエンジニアであるフランチェスコ・ネンチは、ある特別な作戦を立てたのである。

【次ページ】 ライバルと異なるタイヤを装着すれば勝機は……ある。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
小林可夢偉
有松義紀
BMWザウバー
セルジオ・ペレス
フォース・インディア
ポール・ディ・レスタ
ドイツGP

ページトップ