SCORE CARDBACK NUMBER

紛糾の末まとまった改革案で
親方衆が残したかったもの。
~「年寄名跡」はどうなる?~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/07/08 08:00

紛糾の末まとまった改革案で親方衆が残したかったもの。~「年寄名跡」はどうなる?~<Number Web> photograph by KYODO

4月の会談で、平野文科相から激励を受けた北の湖理事長。期待通りの改革案となったか。

 公益財団法人へ移行する認可を受けるために、改革案をまとめた日本相撲協会。なかでも協会内で議論が紛糾したのは、親方株といわれる「年寄名跡」の扱いだ。名跡は一代年寄を含め107あり、取得すると現役引退後も親方として協会に属することができる。これまで、当事者同士が水面下で取り引きし、表向きは金銭が介在しないと見なされていた。だが、名跡をめぐる裁判などで売買価格や不透明な授受方法が白日のもとにさらされ、角界独特のこの「システム」は、もはや周知の事実ともなった。

 1998年、時の境川理事長が、まさにこの名跡問題の改革を目指したが、猛反発を受け頓挫した過去がある。

「相撲界に限らず歌舞伎界や落語界など、伝統文化で興行でもある世界では、長年の独特の慣習があるものだ。時勢とはいえ、性急に改革するには無理がある」

 と嘆く親方もいるが、多額の現金授受で生ずるはずの税金を逃れていたのは事実。組織の存続危機に、今回ばかりは並み居る大男たちも土俵を割るしかなかった。「功労金」の名目で相撲協会が買い取り、一括管理する案は、協会の財政難もあり断念。結局、金銭の授受が発覚した場合の罰則規定は設けられたが、後継者指名権は死守された。名跡所有者を審議する「資格審査会」のメンバーも親方中心となったことで、その着地点をようやく見たようだ。

ついにパンドラの箱が開けられた相撲界に残された時間。

「とりあえずは認可に向けての改革で、細かい部分や、なにか問題が生じれば、協会としてそのつど修正していかなければ。たとえば株所有者から一時的に借りている『借り株』の親方の扱い、定年時の売買を見込んで資金を借り入れた親方の救済策なども含めてね」

 とは、改革問題に関わる親方の弁だ。

 現在の名跡の相場価格は1億数千万円だといわれている。取得することで、最下級の「平年寄」でも月給約80万、年収は約1200万円となる。30代前半で取得すれば、65歳の定年までの約30年で、十分にその元は取れるはずの高額所得者であるのは間違いない。

 来年11月末の移行期限までに、今後も文科省から細部に「物言い」をつけられる可能性は大。相撲界のパンドラの箱がとうとう開けられ、「重箱の隅」までつつき回される日も近いかもしれない。

関連コラム

ページトップ