Number
805号 掲載記事
白鵬(左)と共にファンの声援に応える旭天鵬。1992年に来日した初のモンゴル出身力士の一人。
photograph by KYODO
SCORE CARD

優勝力士も新十両も。
勢い止まらぬ蒙古旋風。
~モンゴル出身力士はなぜ強い?~

佐藤祥子 = 文

text by Shoko Sato

photograph by KYODO

「もし相撲がオリンピック競技になれば、金メダルはモンゴルだ」と言われたら、うなずくほかはない。

 先の5月場所では、モンゴル出身のベテラン力士、平幕の旭天鵬が涙の初優勝を飾った。史上初の6大関が揃ったなかで、栃煌山との「平幕優勝決定戦」も、これまた史上初のこと。入門21年目、37歳8カ月での初優勝も、最年長記録だった。千秋楽を前に横綱白鵬が4敗を喫し、優勝争いから脱落。誰もが「日本人力士6年ぶりの優勝」の夢を、12日目まで単独トップを走っていた稀勢の里に託していた。しかし幕を閉じれば、賜杯を抱いたのはダークホース―モンゴル力士の「パイオニア」だった。

 そして、場所後に誕生したふたりの新十両も、モンゴル人だ。貴乃花が育てた初の関取、貴ノ岩と、朝日山部屋所属で苦節12年目の鬼嵐である。現在、モンゴル出身力士は27人おり、彼らは、13、14人目の関取となる。2011年の八百長問題で、猛虎浪や白馬など6人が土俵を去ったが、今も幕下の地位に14人がひしめきあっており、昇進を虎視眈々と狙っている。

民主化され、豊かになったモンゴルを憂う白鵬。

 彼らのその強さの秘密は何なのか。幼少時から日常的に飲む馬乳酒によって作られる「骨太な体」。自転車代わりに馬に跨り、草原を走ることで身に付く「体のバランス」。相撲は相手のバランスを崩す競技だが、幼い頃から裸馬を乗りこなすモンゴル人は、自然に体の均衡をはかれる身体能力が培われるという。かつて朝青龍を育てた高砂親方は、「彼はボクシング、サッカーなど、ほかのスポーツでも成功する運動神経と身体能力があった」と、語っていた。

 しかし、白鵬はいう。

「日本でも初代若乃花さんや大鵬さんたちは、親を助けて子どもの頃から海や山で働くことによって、足腰のバネが鍛えられていたと思う。これまでのモンゴルも、昭和はじめの日本のようでした。でも、昨今は日本と変わらない。民主化されてから豊かになり、馬に跨る子どもも少なくなった。家の中でテレビゲームばかりやっていますからね」

 今、日本の大相撲を担っているともいえる、モンゴル出身力士たち。いずれその旋風が吹き止む時代を迎えた時、相撲界はどう形を変えているのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • deliciousに追加
格闘技 トップへ NumberWebホームへ

SCORE CARD バックナンバー

<完全保存版> 中田英寿 ~日本サッカー “破壊”と“創造”~ 見つけよう私の健康ノウハウ「カラダStylen for MEN」
言わせろ!ナンバー最新の投稿
アジアカップ準々決勝で敗退。アギーレ監督の続投を支持する?
支持しない

プロスポーツでの八百長は場合によっては永久追放になるほど重大な社会的背任罪だからすでに告発が受理されたのなら早く解任する以  …すべて読む

clematisさん
2015/02/01 13:08
に投稿
思い出のアジアカップについて語ろう!
2004年中国大会

何といってもあの重慶の酷熱の夜のPK戦。中村俊輔と三都主が続けて外して絶体絶命になりそこからあのドラマは始まった。   …すべて読む

torikoさん
2015/02/01 12:38
に投稿
言わせろ!ナンバーについてお題をもっと見る
  • 文藝春秋ではWEBデザイナーを募集しています。
最新号表紙
Do
1月29日発売
欲しい体を手に入れる 体幹論