私とDo 特別編BACK NUMBER

<私が山に登る理由> 山ガール系女子アナ・中田有紀 「小さな達成感がいっぱい欲しいんです」
 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2012/07/05 06:00

<私が山に登る理由> 山ガール系女子アナ・中田有紀 「小さな達成感がいっぱい欲しいんです」<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

辛さを乗り越えたご褒美が山にはある。

 そこまでして行きたいと思うのは非日常が味わえるから。湧き水や滝も癒されるので大好きですね。途中で見つけたら、どんなに疲れてても見に行きます。一時期パワーストーンにハマってて、それを浄化させるために湧き水で洗ったりもしていました。あ、ご朱印帳も持ってます。神社にもハマってて。って何でもハマるんですけど(笑)。山って神社があることが多いですよね。だから神社があるって分かっているときはご朱印帳を持っていきます。

 マラソンも同じなんですけど、途中は辛いんですよ。「ああ、やらなきゃよかった」って思う。それでも一歩一歩登っていけば必ずゴールにたどり着く。その辛さを乗り越えたと思うと達成感や爽快感があるし、山頂にはすっごい景色が待っていて、それがご褒美になるでしょ?

「最近では一人登山もやってみたいと思っているんです」

 これがマラソンだと……自分で焼肉とか?(笑)。小さな目標を自分で立てて、ひとつずつ達成していく。仕事に通ずるところもあると思うんですけど、漠然とやるよりは目標があったほうがやりがいがあるし、コツコツ努力することで必ず達成できる。それが積み重なっていくと自信が持てるような気がするので……小さな達成感がたくさん欲しいんですよね(笑)。

 最近では一人登山もやってみたいと思っているんです。この間、70歳くらいのおばあちゃんがひとりで登山してて。「すごいでしょ、褒めて」って冗談みたいに言われたんですけど、本当にすごいなぁって思ったんです。私も同じぐらいの年になっても元気に、格好いいウエアを着て、ひとりで登って若者に「偉いでしょ?」って言いたいな~と。でも、周りからさびしいとか思われそうなんで(笑)。勇気が出たら、いつかは挑戦したいですね。

              ◇    ◇    ◇

◆中田有紀さんへのQ&A
1973年5月8日、東京都生まれ。フリーアナウンサーとして数々の番組に出演。剣道二段、乗馬やバイクが趣味というアクティブ派。

Q1 登山歴は?
A1 3年
トレッキングはその数年前からやっていましたが、登山はまだまだ初心者ですね。

Q2 登山の頻度は?
A2 そのときどきです
趣味が多いので、なかなか行く時間がなくて(笑)。広く浅くやっています。

Q3 初めて登った山は?
A3 御岳山
御岳山に登って、そのまま大岳山山頂まで抜けるルートを選びました。

Q4 あなたのこだわりは?
A4 日射しと暑さ対策
日焼け止めは唇用も持っていきます。暑い日はす~っと清涼感のあるウエットティッシュが便利。登山って揃えるものが多いのでタイツはマラソン用のパフォーマンスタイツを兼用しています。

Q5 あなたの「一名山」は?
A5 御岳山
筑波山も屋久島も良かったんですが、やっぱり近くて行きやすい御岳山です。

大人の山登り。~ゼロから楽しむ入門編~

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number Do 2012 Summer

大人の山登り。
~ゼロから楽しむ入門編~


【Qちゃんがサバイバル登山家と山頂へ】 高橋尚子×服部文祥 「山の楽しみ方、教えてください!」
【連続インタビュー】 「私が山に登る理由」 山野井泰史/市毛良枝ほか
【山好き座談会】 「高尾山の次に登るべき山、ベスト15」
【深める】 8000m峰14座制覇 竹内洋岳の告白

目次ページへ

関連コラム

BACK 1 2
中田有紀

ページトップ