メディアウオッチングBACK NUMBER

NBAのスーパースターが集結、
ドリームチームの戦いを見逃すな!
~五輪連覇へ、ライバルと前哨戦~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph bySun Sentinel/NBAE/Getty Images

posted2012/07/10 06:01

NBAのスーパースターが集結、ドリームチームの戦いを見逃すな!~五輪連覇へ、ライバルと前哨戦~<Number Web> photograph by Sun Sentinel/NBAE/Getty Images

ファイナルで頂点を競ったジェイムス(右)とデュラントも共に戦う。WOWOWライブでは『生中継!バスケットボール アメリカ ドリームチーム2012』を放送予定。

 ドリームチームがバルセロナにやってきたとき、パウ・ガソルはまだ12歳の少年だった。

'92年、バルセロナ五輪のためにマイケル・ジョーダンを筆頭に当時のスーパースター選手たちを集めたアメリカ代表、通称ドリームチームが結成された。華やかなスター軍団は世界中を夢中にさせ、バルセロナで生まれ育った少年、ガソルも例外ではなかった。

「チケットを手に入れることができなかったから生で観戦はできなかったけれど、試合はテレビで見ていた。ドリームチームがバルセロナに来たことは、僕たちにとって特別なことだった。あのチームのプレーを見るのはとても楽しかった」と、ガソルは振り返った。

 カリスマ性も実力も備えたドリームチームにとって、唯一欠けていたのはライバルだ。なにしろオリンピック中の平均得失点差43.8点。他を寄せ付けない、圧倒的な強さだった。

バルセロナ五輪から20年。スペインは今やアメリカのライバルに。

 あれから20年。ドリームチームを引き金に、世界のバスケットボール絵図は大きく変わった。今もアメリカが頂点であることは変わりないが、アメリカに挑む国も出てきた。たとえばスペイン。ガソルをはじめ、'92年当時に自国で見たドリームチームに憧れた少年たちが、今では中心選手となり、アメリカのライバルと言われるまでに成長した。北京五輪では決勝でアメリカと対戦し、試合終盤まで競り合う熱戦を繰り広げている。

 そのスペインとアメリカが、北京五輪以来4年ぶりに対戦する。ロンドン五輪でも決勝トーナメントで対戦の可能性があるが、まずは日本時間7月25日のエキジビションゲーム。会場は20年前にドリームチームが戦ったのと同じ、スペイン・バルセロナのパラウ・サン・ジョルディだ。エキジビションゲームとはいえ、オリンピック開幕の3日前、しかもドリームチーム20周年記念イベントだけに、見ごたえのある戦いとなりそうだ。

「スペインは、私たちを倒すべき相手と見ているはずだ」とアメリカ代表総責任者のジェリー・コランジェロは言う。「彼らはとても才能あるチームで、大きな野望を持っている。私たちに勝つことが彼らの目標で、目的だ。私たちの目標はオリンピックで連覇することだ」

【次ページ】 ドリームチームが見られるのは、ロンドンで最後!?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
パウ・ガソル

ページトップ