EURO大戦2012BACK NUMBER

歴史の違いがPK戦の命運を分けた!?
スペインがポルトガルを下し決勝へ。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/06/28 11:15

歴史の違いがPK戦の命運を分けた!?スペインがポルトガルを下し決勝へ。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

PK戦の順番は、スペイン側のシャビ・アロンソ(×)が両チームの一番手。その次はポルトガルのモウチーニョ(×)、イニエスタ(○)、ペペ(○)、ピケ(○)、ナニ(○)、セルヒオ・ラモス(○)、ブルーノ・アウベス(×)、セスク(○)という順番だった(カッコ内はPKの成否)。

 死闘と呼ぶにふさわしい120分の戦いは、消化不良な幕引きとなった。クリスティアーノ・ロナウドがPKを蹴らないまま、敗北の瞬間を迎えたのだ。

 試合直後に原稿を書いているため、詳しいことはわからない。蹴ることを拒否したのかとも思ったが、5人目、勝負を決める男として登場する予定だったのだろう。

 よくよく考えれば、ロナウドがPKを拒否するというのはありえないことだ。彼はいつも、自分を誇示しながらプレーする。FKのときの、もったいぶった儀式を見てほしい。あのときロナウドは、世界中に自分を見せているのだ。やはり、最後に出てくるつもりだったに違いない。

PK戦は時の運といわれもするが、必ずしもそうではない。

 PK戦のポルトガルは、どこかおかしかった。

 4番目に蹴るはずのブルーノ・アウべスは、一巡早くスポットへ歩み出したのだ。滅多に見られない勘違い。そのアウべスが案の定、バーにぶつけてしまった。

 ファイナルを目前にして、ポルトガルは金縛りにかかっていたのだろうか。その姿は、スペインとは対照的だった。

 スペインは一番手のシャビ・アロンソが止められたが、直後、カシージャスのセーブによって追いつくと、ふたり目からはきっちりと成功させていった。セルヒオ・ラモスなどは、ピルロのようにキーパーをあざ笑うかのようなチップキックを決めた。スペインは過度の緊張とは無縁のように見えた。

 PK戦は時の運といわれもするが、必ずしもそうではない。

 勝ち続けるチームは平静を保ち、極限の瞬間にも堂々と技術を発揮する。勝ち慣れていないチームは身体が固くなり、ミスを犯す。

 勝者の歴史を重ね始めたスペインと、いつも惜しいところで涙を呑むポルトガル。

 双方の歴史の違いが勝敗を分けた、そういっても大げさではないだろう。

【次ページ】 最強のスペインを見事に封じたポルトガルの中盤3人。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
クリスティアーノ・ロナウド
ビセンテ・デルボスケ
ブルーノ・アウべス
シャビ・アロンソ
イケル・カシージャス
セルヒオ・ラモス
ラウール・メイレレス
ミゲル・ベローゾ
ジョアン・モウチーニョ
ヘスス・ナバス
ペドロ・ロドリゲス

ページトップ