SCORE CARDBACK NUMBER

偉大な王者の前で感じた
拳をめぐる時代の違い。
~ボクシング界の現状を憂う~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2012/05/07 06:00

偉大な王者の前で感じた拳をめぐる時代の違い。~ボクシング界の現状を憂う~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

祝賀会に集ったボクシング界の錚々たる面々。輪島、竹原、薬師寺、畑山らが原田を囲んだ。

 去る4月5日、ファイティング原田こと原田政彦さんの世界チャンピオン獲得50周年を記念する祝賀会が催された。この日は原田さんの69回目の誕生日に当たり、ガッツ石松さんら多数の後輩チャンピオンを含むおよそ500人が出席して日本人唯一の殿堂入りチャンピオンの偉業を讃えた。

 会は格闘技好きを自任する野田首相のビデオ・メッセージまで披露される盛況ぶりだった。原田さんが特別なチャンピオンであることを考慮してもなお、今の時代の世界チャンピオンたちとの違いを感じざるをえない。

 佐藤洋太が3月27日にWBC世界スーパーフライ級王座を攻略した時点で、現役9人目の日本人世界チャンピオンの誕生という新記録が生まれた(名誉王者、休養王者も含むという但し書き付きだが)。この記録は4月4日、清水智信がテーパリットに惨敗しWBAの同級王座から転落したため、僅か8日間の短命に終わるのだが、記録は記録である。

今や世界王者といえども、防衛戦をこなすだけでは評価されない。

 といって、世界王者を数多く抱えていてもボクシング界は「繁栄」にはほど遠い。

 原田さんは日本人初の世界王者、白井義男が王座を追われて以来8年ぶりに誕生した王者だった。今は王者が途切れて空白期間が生じることなど考えられないが、それも当然で、50年前の原田さんの時代、世界王者は地球上に10人しかおらず、チャンピオンの希少価値そのものが高かった。その後ジュニア(スーパー)階級の増設による階級の細分化や、チャンピオン認定団体の新設、さらには暫定王者などの濫造もあって、世界王者を名乗るボクサーは100人近い。これだけ多くの王者がいれば、パイの分け前が減るのも必然なのである。

「(8人の王者の中でも)自分が一番になりたい」と粟生隆寛は言ったが、同じ思いはどの王者にもあるはず。今や世界王者といえども、これまでのようにただ防衛戦をこなして勝つだけでは評価してもらえない。この不況下テレビも何か付加価値がなければ、気前よく放映権料を弾んでくれない。世界王者を抱えていてもジムは赤字、王者の報酬も極端に少ない……と昔では考えられなかった話も聞くようになった。井岡一翔と八重樫東の世界チャンピオン同士の対決が実現するのも、時代の要請に違いない。

関連コラム

関連キーワード
原田政彦
粟生隆寛
井岡一翔
八重樫東

ページトップ