SCORE CARDBACK NUMBER

CRTマシン混走で、
新時代を迎えるモトGP。
~問われる最高峰クラスの在り方~
 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2012/01/09 08:00

CRTマシン混走で、新時代を迎えるモトGP。~問われる最高峰クラスの在り方~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 長期化する世界経済の低迷の中で、モトGPの参戦体制を2台から1台へと縮小させていたスズキが、'12年から2年間の参戦休止を決めた。そのほかにも、資金繰りの厳しさから1台体制にするチームがいくつかあり、今季のモトGPクラスに参戦するワークスマシンは、計12台と過去最低の台数となる(ホンダ、ヤマハ、ドゥカティの3メーカーがそれぞれ4台ずつ)。

 '08年にはカワサキが撤退。それに続くスズキの縮小/休止に代表されるように、モトGPクラスはこの数年、慢性的な参加台数の不足に悩んできた。グランプリを運営統括するドルナはその問題を解消するために、これまでプロトタイプのマシンのみで戦ってきた最高峰クラスに、今季から量産車のエンジンを搭載するCRTのマシンを参加させることにした。

目的は、コストの上昇を防ぎ参戦しやすい環境を作ること。

 CRT、すなわちクレーミング・ルール・チームとは、競馬において出走馬が売買の対象となる「クレーミング競走」から誕生した言葉だ。マシンは最新のテクノロジーを満載するプロトタイプに比べてパフォーマンスも耐久性も落ちるが、安価な量産エンジンを使えることが大きなメリットになる。コストの上昇を防ぐことで、モトGPクラスに参戦しやすい環境を作るのが目的だ。

 現在、CRTのマシンで参戦を表明しているのは3チーム4台。スーパーバイク世界選手権に参戦するホンダ、BMW、アプリリアのエンジンを、モト2クラスで実績のあるスッター、FTRなどの車体に搭載している。

テスト開始までにはさらに台数を増加させる予定。

 現状では、燃料タンクの大きさ(=燃費)や、シーズン中に使用できるエンジン数などCRTに甘いルールだが、それでも速さでは到底プロトタイプに敵わない。しかし、安定した台数を確保するために、ドルナはCRTで参戦するチームを全面的にバックアップする方針で、今季のテスト開始までには、さらに台数を増加させる予定だ。

 今季のモトGPクラスは、モトGPマシンとCRTマシンという、スピードの違う2つのカテゴリーが混走することになる。その結果が、次の時代のルール作りのたたき台となることは間違いない。2012年は、最高峰クラスにふさわしいバイク、そしてレースの在り方を考えるシーズンになる。

■関連コラム ► 速いホンダが引き出した、新王者の圧倒的な才能。~ストーナーの時代が続くのか?~
► GPの最高峰クラスから遂に日本人が消える。~青山博一、モトGPからWSBへ~

関連キーワード
スズキ
ホンダ
ヤマハ
ドゥカティ
カワサキ
BMW
アプリリア
モトGP

ページトップ