メディアウオッチングBACK NUMBER

カレンダーで日々、
カズ語録を堪能する。
~名言と写真の“開運グッズ”~ 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2011/10/25 06:00

カレンダーで日々、カズ語録を堪能する。~名言と写真の“開運グッズ”~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『日めくり KAZU 魂のメッセージ 底力』 三浦知良著 PHP研究所 1000円+税

 カズ自身が大好きなフレーズ「BOA SORTE(ポルトガル語で、“幸運を”)」が大きく刻まれている一風変わったカレンダーをめくってみた。これは一種の“開運グッズ”だなと思った。

 PHP研究所から10月に発売となった『日めくり KAZU 魂のメッセージ底力』は持っているだけで運気が上がりそうだ。

 パワースポットに行ったり、風水に沿って部屋の方角を決めたりといった行ないのように、「カズの言葉に毎日触れる」ことで気持ちが昂ぶっていく。

 カズのこれまでの名言と写真が厚手の紙に描かれる、31日分の日めくりカレンダーだ。各ページには月と曜日の表記がない。よって、毎月繰り返しカズの言葉を楽しめるつくりになっている。

 例えば毎月3日には「努力を信じたいし努力に比重を置きたい」(今年5月、東日本大震災チャリティマッチを振り返っての発言)というふうに。

写真のバリエーションも多彩で「カズアルバム」としても楽しめる。

 PHP研究所からの同シリーズは、数々のロングセラーを生んでいる。そのラインナップは、松下幸之助(松下電器=パナソニック創業者)、本田宗一郎(ホンダ創業者)、池坊専永(華道家)、曽野綾子(小説家)などだ。

 やはりパイオニアたちの言葉は心に響くのだろう。これまで起業家、文化人のものが発売されてきたなか、スポーツ界からはカズが選ばれた。ブラジル、イタリアなどのトップリーグのピッチを日本人として初めて踏んだ。草創期のJリーグや日本代表では斬新な「カズダンス」で人気を牽引した。そして、44歳の現在もJ最年長プレーヤーとしてピッチに立ち続ける……改めてその道のりは、先駆者なきものだと気づく。

 それらの歩みが、名言+写真+解説のシンプルな構成で再現されている。写真のバリエーションも多彩。10代のブラジル時代のショットが出てきたと思えば、白髪も目立つ近影まで。はたまた、ややふっくら長髪のジェノア時代も。ファッションやスタイルの変遷を追う「カズアルバム」としても十分に楽しめる。

【次ページ】 31個のフレーズは“ド根性系”のオンパレード。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
三浦知良

ページトップ