SCORE CARDBACK NUMBER

秋場所でようやく吹いた
日本人力士たちの“風”。
~琴奨菊、稀勢の里、豊真将~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/10/15 08:00

秋場所でようやく吹いた日本人力士たちの“風”。~琴奨菊、稀勢の里、豊真将~<Number Web> photograph by KYODO

琴奨菊は口上で、『五輪書』から厳しい稽古の重要さを説いた「万理一空」の言葉を引用

 横綱白鵬の20回目の優勝で幕を閉じた大相撲9月秋場所。

「横綱っていうのは、なりたくてなれるものじゃない。やることをやったあとは、運命です。星――“そういう星のもと”に生まれた人しかなれないものだから」

 2度目の綱取りに挑んだ大関日馬富士は、場所前、自分自身に言い聞かせるようにこう言っていた。だが、第70代横綱――モンゴルの夜空に「70番目の星」は輝くことなく、唇を噛んだ。5日目までの序盤戦ですでに3敗。早々に夢は潰え、綱取りどころか、勝ち越しがやっとの成績で千秋楽を終えた。同じく大関昇進が掛かっていたモンゴル出身の鶴竜も序盤戦から振るわず、9勝6敗の成績で昇進ノルマの11勝には届かなかった。

 見どころが早々に消滅するなか、日馬富士、白鵬を倒し、12勝を挙げた琴奨菊が土俵を盛り上げた。先場所の大関取り失敗の教訓として「プレッシャーに負けないよう、もっとメンタル面で強くならなければ」と痛感。トップアスリートたちの著書を読み、メンタルトレーニングアドバイザーの指導も受けて臨んだ結果、4年ぶりの日本人大関が誕生し、ひさびさに相撲界に明るい光をもたらすことに。得意のがぶり寄りで、出身地でもある次の九州場所での「お披露目」と、その活躍ぶりが期待される。

日本人力士の復権を“予言”していた栃東の言葉。

 そして、「成績と内容次第では大関昇進の目も」と急浮上した稀勢の里。自身初の8連勝を記録し、下位力士に取りこぼすムラッ気がなりをひそめた。白鵬に土をつけ、千秋楽まで優勝争いに加わり、来場所に望みを繋げる。「琴奨菊が刺激になるか」との質問に、うなずきかけて口をつぐむ「負けん気」に期待大、だ。また礼儀正しい所作が人気の豊真将も3大関を総なめし、新三役昇進を確定的に。

 4年前に引退した元大関の栃東(現玉ノ井親方)の言葉が、ふと頭をよぎる。「あと数年待っていてください。絶対に日本人力士が力をつけて来る。メンタル面は、外国人よりも日本人力士のほうが絶対に強いんですから」

 外国人力士に席捲されていた相撲界にも、ようやく「和風」が吹いてきた。気象庁風力階級4の「和風」とは、「砂埃や小さな白波が立つ」状態を指すという。

 九州場所では「和風」が風力を増し、土俵に吹き渡るのだろうか。

■関連コラム ► 相撲人気復活の起爆剤となり得る力士は現れるか? ~9月場所をめぐる2つの論点~
► <横綱の品格と責任> 白鵬 「孤独も悔しさも稽古でしか埋められない」

関連キーワード
琴奨菊
白鵬
栃東
日馬富士
鶴竜
豊真将

ページトップ