SCORE CARDBACK NUMBER

大関琴奨菊と稀勢の里、
新ライバル物語が始まる。
~2場所連続日本人大関誕生は?~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/11/13 08:00

新番付発表後、稽古場に飾られる名札を手にする琴奨菊。地元での初優勝に期待が集まる

新番付発表後、稽古場に飾られる名札を手にする琴奨菊。地元での初優勝に期待が集まる

 ベテラン大関魁皇からバトンタッチを受けた琴奨菊が、新大関としてご当地・九州場所の土俵に上がる。昨年の九州場所では、中学時代からのライバルである豊ノ島が白鵬と優勝争いを繰り広げ、1期遅れて入門した稀勢の里が白鵬の連勝記録をストップさせた。「この2人の活躍が大関昇進への自分の原動力になった」と明かす。

 場所前の琴奨菊は、なかでも稀勢の里をライバル視していることを強調し、素直にその心情を吐露するのだった。

「僕は大関初挑戦だった名古屋場所から本当に一生懸命に頑張って、感情面やメンタルの弱さも出しながら、カツカツの状態でやっと昇進できた。でも、稀勢の里は僕と違う。感情面を表に出すこともなく、ただがむしゃらに相撲を取っているように見え、それであれだけの強さを持っている。僕よりもずっと『のびしろ』があるように思えるんです」

 喜怒哀楽を内に秘め、ときとして不敵ささえ感じさせる稀勢の里の存在に、一目置いているかのような口ぶりだった。

横綱・白鵬に勝ったことで自信をつけた稀勢の里。

 そんな稀勢の里も、今場所は大関昇進に王手を掛ける。先場所は白鵬に土をつけ、12勝3敗の好成績。昨年九州場所以来、対横綱戦は3勝2敗と勝ち越してもいる。今場所の昇進ノルマは11勝以上とされ、「2場所連続日本人大関誕生」の可能性も限りなく高い。

 番付発表記者会見の日、「新大関は稀勢の里を意識していると公言するが、ライバルだと思っているか?」との質問に、稀勢の里はきっぱりと言い切った。

「琴奨菊関の昇進はすばらしいことだと思います。でも、自分は自分。『自分に負けないように』と思うだけ。一番一番、全精力をかけて、気負わずに頑張ります」

 そう空(くう)を睨むかのように視線を逸らさず、唇を真一文字に結ぶ稀勢の里。そんな愛弟子の姿を横に、生前の鳴戸親方はこう語っていた。

「先場所は8連勝の後に雑な相撲で3連敗。そのまま崩れるかと思っていたら、立ち直った。『心の力』がついてきた。対横綱戦に勝ったことで、本人もかなりの自信がついてるんだと思う。結びの一番、満場の拍手を浴びる経験を何度も繰り返すうちに力がついた。自分の力を信頼できるようになったのだろう」

 大相撲界一年納めの九州場所が、新たなライバル物語の序章となる。

■関連コラム ► 秋場所でようやく吹いた日本人力士たちの“風”。~琴奨菊、稀勢の里、豊真将~
► <横綱の品格と責任> 白鵬 「孤独も悔しさも稽古でしか埋められない」

ページトップ