SCORE CARDBACK NUMBER

日本馬も2頭参戦する、
第90回凱旋門賞プレビュー。
~ドバイに続く快挙達成なるか?~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2011/10/02 08:00

日本馬も2頭参戦する、第90回凱旋門賞プレビュー。~ドバイに続く快挙達成なるか?~<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

昨年、内国産馬初の連対を果たしたナカヤマフェスタ(手前)は2年連続挑戦で頂点を目指す

 今春のドバイワールドカップで世界チャンピオンの座に就いたヴィクトワールピサ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)の回避は返す返すも惜しまれるが、それでもさすがは凱旋門賞。今年も欧州各国を中心に、その名にふさわしい素晴らしい馬たちが集結してきた。

 記念すべき90回目を迎える凱旋門賞は、フランスはパリ郊外のロンシャン競馬場の芝2400mで争われるGI中のGI。総賞金400万ユーロはドバイワールドカップに次ぐ高額で、芝のレースとしては世界最高。歴史上、欧州調教馬以外からは優勝馬が出ていないというのも、培われてきた伝統の重さを際立たせている。ゲートオープンは毎年恒例となっている10月最初の日曜日。日本時間では10月2日の深夜になるが、グリーンチャンネル等で生中継が予定されている。是非ご注目を。

ナカヤマフェスタとヒルノダムールの勝算は?

 日本からは、昨年2着に健闘したナカヤマフェスタ(牡5歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)と、前哨戦のフォア賞で2着に入ったヒルノダムール(牡4歳、栗東・昆貢厩舎)の2頭が堂々の挑戦。実績十分の2頭なのだが、今年のメンバーに入ってしまうとほぼノーマークの扱い。原稿執筆時のブックメーカーのオッズでは、ヒルノダムールが26倍の10番人気、ナカヤマフェスタは34倍で11番人気とされてしまっている。低評価を覆す快走を期待したいところだが、正直に言って、今回は本当に手強い相手が揃っている。

 1番人気にはフォア賞の勝ち方が凄かったサラフィナ(仏、牝4歳、C・ルメール騎手)が推されそうだが、勝つのはそう簡単ではないはずだ。今年になって豪州からアイルランドの名門エイダン・オブライエン厩舎にトレードされてきたソーユーシンク(牡5歳、S・ヘファーナン騎手)は、欧州に来てからもチャンピオンSを快勝するなど、強さに磨きがかかっている。GIを8勝もしているこの馬が、単勝で6倍もつくらしいのだから、馬券が買えるのなら妙味十分だ。

 キングジョージを快勝したナサニエル(英、牡3歳、W・ビュイック騎手)も力は十分だし、昨年の覇者ワークフォース(英、牡4歳、R・ムーア騎手)も鞍上込みで魅力たっぷり。もう1頭、有利な斤量で戦えるガリコヴァ(仏、牝3歳、O・ペリエ騎手)も候補に加えておきたい。

■関連コラム ► 軽症でも凱旋門賞断念を決めた角居調教師の気概。~無念のヴィクトワールピサ~
► ヴィクトワールピサがドバイWC制覇! 日本競馬、21頭目の挑戦で偉業達成。

関連キーワード
ナカヤマフェスタ
ヒルノダムール

ページトップ