SCORE CARDBACK NUMBER

軽症でも凱旋門賞断念を決めた
角居調教師の気概。
~無念のヴィクトワールピサ~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYoko Kunihiro

posted2011/09/05 06:00

ヴィクトワールピサは凱旋門賞に勝てば引退の予定だったが、苦渋の決断を下した角居師

ヴィクトワールピサは凱旋門賞に勝てば引退の予定だったが、苦渋の決断を下した角居師

 今年は凱旋門賞(10月2日、仏ロンシャン競馬場、芝2400m、GI)のために、4頭もの日本馬がフランスに遠征した。これはもちろん過去最多で、先達が積み重ねてきたほろ苦い経験がいい形で受け継がれている証だろう。

 しかし、3月のドバイワールドCを制した“チームジャパン”不動のキャプテン、ヴィクトワールピサ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)が、渡仏後に凱旋門賞を断念した。左後肢の歩様に微妙な違和感が出たことが理由だった。飛節部分の軽度な炎症が原因で、獣医師は「使って使えないことはない、そんな程度」と診断したが、角居調教師の決断はストップ。往復だけでも1000万円以上の経費がかかるヨーロッパ遠征で、馬主に対する説明責任等を考えるとギリギリまで出走の可能性を探りたくなるのが人情だろう。しかし何ごとにもストイックな角居調教師は、結論を先延ばしにすることさえも潔しとはしなかった。

「ベストな状態で出走できないことはわかりましたから、非常に残念ではありますが取りやめ以外の結論はありません。遠征に快くゴーサインをくださったオーナーと期待していただいたファンの皆さんに心よりお詫びいたします」

 と角居調教師は語った。その神妙な表情の先には、愛馬のために撤退の決断ができるのは自分だけ、という熱い気概が見えていた。

日本でも凱旋門賞の馬券が買えるように改善を急げ!

 代わりにキャプテンマークを託されたのは、昨年の凱旋門賞2着馬のナカヤマフェスタ(牡5歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)。同厩舎からナカヤマナイト(牡3歳)も参戦、天皇賞馬ヒルノダムール(牡4歳、栗東・昆貢厩舎)もいる豪華なトリオなら、大仕事の期待は依然萎まない。

 こうして日本馬が何頭も挑戦し、ファンにも身近な存在になった今、なんとか日本でも凱旋門賞の馬券が楽しめるようにならないだろうか。海外遠征はホースマンたちの究極の夢だが、それによって国内の競馬ファンの楽しみを奪うことにもなっているのではないかというジレンマが彼らの心の奥底に引っかかってもいる。国対国の戦いに馬券の楽しみも加わるとくれば、想像するだけでも燃える。そのうえに厩舎関係者の心に潜むギャップを埋める効果も期待できるのだから、これは急ぐべき改善と思うのだが。

■関連コラム ► セレクトセールに見る、日本のセリの世界標準化。~成熟する競走馬市場~
► ヴィクトワールピサがドバイWC制覇! 日本競馬、21頭目の挑戦で偉業達成。

ページトップ