Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<攻撃のスイッチを入れる男> 清武弘嗣 「新星は香川真司の“一卵性双生児”」
 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byShinya Tanaka

posted2011/09/21 06:00

途中出場で代表デビューを果たした韓国戦で2アシスト。
W杯予選の北朝鮮戦でも、値千金の決勝点を演出した。
するりとスペースへ抜け出し、攻撃に変化を作る21歳。
その飄々とした表情の裏に潜む自覚と決意を探る――。

 いつの時代も新星は突然、現われる。

 ブラジルW杯・アジア3次予選の初戦、北朝鮮戦でのロスタイム、窮地の日本を救った吉田麻也のゴールをアシストしたのは、弱冠21歳の清武弘嗣だった。

「あのクロスは、ショートコーナーが前半からいい感じで通用していたし、ハセ(長谷部誠)さんが寄って出してくれたんで、たまたま上げたというか、密集に上げたら何か起こるかなって思って……。最後、麻也(吉田)君が決めてくれて良かったです」

 そう言いながらも腑に落ちない何かがあったのだろう、少し不満気な表情を見せた。

 だが、清武株は急上昇中だ。

香川は「キヨが入ったことでチームが活性化した」と清武を絶賛。

 代表デビュー戦の8月10日の韓国戦では、途中出場ながら本田圭佑と香川真司の得点に絡み、2アシストを上げた。試合後、本田は、「僕の得点よりもキヨを誉めてやってください」と、最後まで自分の動きを見て、冷静にラストパスを出した清武を持ち上げた。

 北朝鮮戦も後半15分、途中出場するとトップ下の香川と一卵性双生児のように息の合ったコンビネーションを見せてチャンスを演出し、流れを変えた。香川は「キヨが入ったことで、スペースを空けたり、突いたりして攻撃の幅が広がったし、チームが活性化したと思う」と、単調だった攻撃に大きな変化を与えた清武を絶賛した。

 W杯予選の初戦という特別な空気にも飲まれず、続くウズベキスタン戦にも途中出場し、通算3アシストという結果を出すのは並大抵のことではない。「たまたまっすよ」と、清武は謙遜するが、なぜこれほどの活躍をすることができたのだろうか――。

わずか3試合で代表チームにフィットしているのはなぜか?

 まず、代表は僅か3試合目だが、チームに非常にフィットしているということだ。

「それは、セレッソも代表も同じシステムだからだと思います。代表も最初からやりにくさとかまったくなかったんで」

 清武の言葉通り、セレッソも代表も4-2-3-1のシステムだ。ともに3の右MFが清武のポジションになっている。だが、同じシステムとは言え、戦術は代表と異なるはずで、習得には時間が必要なはずだ。

<次ページへ続く>

【次ページ】 代表の規則と、セレッソで体得した臨機応変な動き方。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ