日本代表、2010年への旅BACK NUMBER

日の丸への尽きせぬ想い。
~松田直樹、32歳の挑戦~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2009/08/16 08:00

日の丸への尽きせぬ想い。~松田直樹、32歳の挑戦~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

中澤、闘莉王のバックアップとして、松田直樹は最適ではないだろうか

 現役である以上、日本代表への道が閉ざされることはない。

 若手であろうが、ベテランであろうが、日本代表の門戸は開かれている。42歳の三浦知良も返り咲きに変わらない情熱を燃やし続けており、日本代表のユニホームに袖を通すことをモチベーションにしているベテランたちは存在する。

32歳のDFは日本代表を目指す。

 「マリノスで頑張って結果を残して、もう1度、日本代表を目指していきたい」

 そうはっきりと口にするのは、32歳のディフェンダー、松田直樹である。

 横浜F・マリノス一筋、プロ15年目のベテランは今年、J1通算350試合出場を果たしたが、「通過点に過ぎない」とますます意気軒昂だ。シーズン途中で再びボランチにコンバートされ、守備でつぶし役になるだけでなく、ボールをさばき、正確なフィードでチャンスを演出するなど攻守にわたってキーパーソンになっている。下位に低迷するチームのなかで、波はあれど、松田の存在感を思い知らされる試合は少なくない。

 そんな松田が“日本代表の要”中澤佑二のケガによってセンターバックに回り、チームに降りかかった危機をしのいでいる。1日の京都サンガ戦では、松田らしい味のある守備を見ることができた。リーグ戦の完封勝利は6試合ぶりだ。

 柳沢敦、パウリーニョ、ディエゴといった京都の攻撃陣を前に、裏を取られまいとむやみにラインを上げることはしない。かといってラインを下げすぎない。冷静に味方を動かしてスペースを与えなかった。カバリングの指示などもほぼ的確。攻撃を組み立てられない京都側に問題はあったにせよ、前線の柳沢とパウリーリョにはシュートすら打たせなかったのだから、経験に裏打ちされた松田の統率力が光った試合だと言えた。

「ボランチをやってきたことで360度しっかり見えるようになった。中盤の気持ちも理解できるし、ボランチでやってきたことが活かされているように思う」

 ボランチとセンターバックで併用されることにも、「自分のプレーの幅を広げるため」と新しいチャレンジを能動的に受け入れたことが、プラスに働いている。07年にはレギュラーから外され、60%ダウンの年俸を受け入れざるを得なかった男は今、「サッカーをやれることが本当に楽しい」と純粋な気持ちでサッカーに取り組んでいる。そして、忘れ物がある日本代表に対して、熱い気持ちを向けているのだ。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  ジーコへの不満から代表チームから離脱の過去が。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
松田直樹
中澤佑二
横浜F・マリノス

ページトップ