カトリーヌあやこの EURO2008ミーハーガイドBACK NUMBER

グループリーグ勝手に大賞! 

text by

カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこCatherine Ayako

PROFILE

posted2008/06/25 00:00

グループリーグ勝手に大賞!<Number Web>

 熱い、熱いよグループリーグ! ということで、ゴールした時の我を忘れた大賞は、やっぱり嬉しさのあまり指を骨折したスペインのビジャですな。史上最高の自業自得つーか、もうちょっと落ち着け。

 スウェーデン戦でフェルナンド・トーレスがゴールを決めた時は、またも大興奮でフライング・ボディアタック(ラリアット風味)をかましてたビジャ。かなりのルチャ・リブレっぷりだったよビジャ。むしろ無茶リブレだよ。このままいくとスペインに怪我人が増えそうで心配。

 そして我を忘れた大賞次点はポルトガルのぺぺ。ポルトガルの今大会ファーストゴールがぺぺだとは、一体誰が予想したでしょう? ぺぺ本人も相当びっくりしたに違いなく、「やったぜぺぺー!」とばかりに両手を広げて待ち構えていたクリスティアーノ・ロナウドを華麗にスルー。サイドステップ踏んでスルー。

 両手を広げたまま取り残されたクリロナの苦笑いに芸術点をさしあげたい。

 ちなみにチェコ戦でクリロナがゴールをあげた時は、ちゃんと祝福にいったぺぺでした。その瞬間のクリロナのウィンクが何度もスポーツニュースで取り上げられ、女子アナが「もうドキドキしちゃいますね(はーと)」なんてコメントしてましたが、あれぺぺへのウィンクですから、女子アナにじゃないですから(なぜムキになる)、よろしく。

 我を忘れた監督大賞は、ドイツ-オーストリア戦で同時退場になったレーブ、ヒッカースベルガー両監督。第4審判への抗議が問題となったらしいですが、「やれやれ、なにこのアホ審判」とばかりに、お互い肩をたたいてスタンドに引き上げる姿が微笑ましかった。

 グループBでは、ロック魂を持つ男・クロアチアのビリッチ監督の熱さも忘れがたし。

 若さと身体能力を活かした素早いボール拾いっぷりから目が離せませんでした。

 さて死の組グループCではイタリアの伝統芸、喜びのあまり監督を締め上げるという儀式を、きちんとカサ坊ことカッサーノが引き継いで今後も安心?

 一方なすすべもなくご臨終、一勝もできずにグループリーグ敗退したフランス。星占いで先発選手を決めるとか言われてるドメネク監督ですが、そんな監督を四柱推命で占ってみると「今年は内向的になり、迷いが多く、急に脱力感にさいなまれます。自分を見つめ直す時期です」と敗退もさもありなんな結果。

 さらに「失言問題で失脚することも」と、敗退決定後のテレビインタビューで進退を聞かれ「今日はプロポーズの日だ」などと、以前から交際していた女子アナのおねえちゃんにプロポーズした監督ピンチ。

 星占いじゃなく四柱推命で占っとけばよかったのに……と、そういう問題じゃない?

 とにかくドメネク監督は、最も空気が読めない監督賞に決定!

ページトップ