野球善哉BACK NUMBER

前田健太の何かがおかしい――。
“泥臭い”投球に、復活の兆しを見た。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/06/22 11:50

前田健太の何かがおかしい――。“泥臭い”投球に、復活の兆しを見た。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

昨年の成績は15勝8敗、防御率2.21だった前田健太。セ・リーグとしては11年ぶりとなる投手三冠(奪三振174)となった

 交流戦ラスト2試合で好投。ペナントレース再開へ向け、昨季の沢村賞投手がエンジンの回転数を上げてきている。

「ボールのキレやコントロールが、徐々にですけど、ベストに近づいてきている。今年はきれいなピッチングができないんで、泥臭く、粘り強くやっていく」

 1カ月半ぶりの3勝目を挙げた6月16日の楽天戦の試合後、前田健はそういって前を向いた。

 マエケンの、何かがおかしい―――。

 開幕してからつい最近まで、彼への評価は芳しくなかった。

 交流戦ラスト2試合に臨むまで4点台だった防御率や2勝4敗の投手成績だけでなく、完投試合が0で、9試合平均およそ7イニング未満でマウンドを降りているという事実は、彼がエースらしからぬ投球しかできていないことを示している。昨年の開幕後9試合は6勝2敗1完投勝利。昨年1年間で215イニングを投げていたことを考えると、不調と考えるのは当然である。

 そもそも、今季の彼は何が悪かったのだろうか。

投手としてやってはいけない「味方の得点直後の失点」。

 思い返せば開幕戦(vs.阪神)で敗戦投手となった彼のコメントがすべてを物語っていた。

 2年連続の開幕投手に抜擢されながら、6回5失点で降板したこの試合のあと、前田健はこう振り返っている。

「最悪の投球をしてしまった。点を取られるタイミング、取られ方が悪く、打たれた球も自分がしっかり投げきれた球ではなかった」

 1回表に広瀬の犠飛で先制したが、直後に同点弾を浴び、3回裏には勝ち越しを許した。それでも、チームは5回に同点、6回表に勝ち越してくれたが、その裏、3失点を喫していた。

 前田健が何よりも自省したのはボールの質が良くなかったのはもちろん、味方の得点直後に失点をしてしまうという、ピッチャーとしては一番やってはいけない過ちを犯したことだ。

 しかし、これが開幕戦だけにとどまらなかった。

【次ページ】 開幕投手として、エースとしての役割が果たせていない!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
前田健太
広島東洋カープ

ページトップ