SCORE CARDBACK NUMBER

高視聴率の女子バレー、喜ぶのはまだ早い。 

text by

久保大

久保大Masaru Kubo

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2005/07/21 00:00

高視聴率の女子バレー、喜ぶのはまだ早い。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 女子バレーのワールドグランプリがものすごいことになっている。6月26日のブラジル戦は平均視聴率が21.8%、瞬間最高視聴率は38.8%を叩き出した。同じ時間帯に放送された阪神・巨人戦の8.0%を大きく上回った。

 高視聴率を支えるのが、日本チームの好調な滑り出しだ。東京ラウンドではポーランド、韓国をいずれも3―0と一蹴、アテネ五輪ベスト4のブラジルとは最終セットにもつれこむ、手に汗握る好勝負を見せてくれた。韓国ラウンドも2勝1敗と、1位通過。だが、手放しで喜ぶのはまだ早いかもしれない。

 というのは、ワールドグランプリという大会の位置付けにある。バレー界では五輪を頂点に、世界選手権、W杯が三大大会と呼ばれ重要視されている。郎平・アメリカ監督が「今回は学生中心の若いメンバーに経験をつませたい」と語るように、五輪から1年後の今大会は各国にとって3年後の北京五輪を見すえた強化、育成の場なのだ。

 日本はアテネ五輪でベスト8に入った。今大会、敗れた相手は五輪4位のブラジルとベスト8のアメリカ。勝った相手は“ヨーロッパ王者”((c)フジテレビ)ポーランドと“絶対に負けられない”(同)韓国。ポーランドは、2年前ヨーロッパ王者になった時の大砲・グリンカが来日しなかったし、そもそもアテネには出場すらできなかった。ブラジルは、アテネのスタメンは一人だけ。20代前半の選手を多く起用した。韓国も18歳や20歳を起用して大幅な若返りと大型化を図っている。

 ゴールデンタイムで放送する以上、視聴率で他局に“絶対に負けられない”フジテレビが相手チームをさも強豪のように煽り、番組を盛り上げる意図はわかる。テレビ放映はバレー人気の向上につながるし、多くの観客の前でプレーすることは選手のモチベーションにもいい影響を与えるだろう。

 しかし、過剰な期待と錯覚は選手への失望に変わりかねない。育成の場であるべき大会が、視聴率のために目先の勝利を求めたり、その勝利を手放しで喜ぶようでは、北京でのメダル獲得はおぼつかない。サッカーファンは親善試合とW杯を同じレベルではとらえない。バレーも同じ視点に立てるようになった時、メダルが見えてくるのではないか。

ページトップ