SCORE CARDBACK NUMBER

兄姉に続き優勝狙う名馬カジノドライヴ。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2008/06/12 00:00

 低調と言われた今年の3歳世代だが、実は1頭だけ規格外の凄いヤツがいる。日本で走ったのは新馬戦の1回きり。武豊騎手を背に、2月23日の京都ダート1800mを大差で圧勝した、カジノドライヴ(牡3歳、美浦・藤澤和雄厩舎)がその馬だ。

 生まれはアメリカ。超良血馬が集結することで知られる、同国ケンタッキー州の「キーンランド・イヤリングセール」に上場され、日本の山本英俊オーナーが95万ドルで落札した。その時点で、二つ上の兄ジャジルが日本の菊花賞に相当するベルモントSを勝っていたが、さらにその1歳下の姉ラグストゥリッチズも翌年兄の足跡を追ったことで価値が何倍にも膨らんだ。牝馬がそれを制したのはなんと102年ぶりの快挙だったそうで、山本オーナーは結果として大変な買い物をしたことになる。

 それでもオーナーは「3歳の時点で海外遠征することは想像もしていなかった」そうだが、新馬戦の勝ち方が「間違いなく世界レベル」と、藤澤調教師と武豊騎手に口を揃えて評価されては我慢しきれなくなった。すぐに決断して4月27日に渡米を決行。5月10日には、本番と同じ舞台、ベルモントパーク競馬場で行なわれたピーターパンS(ダート1800m、G?)に出走し、ここでも圧勝を飾った。日本の調教馬としての史上初の米国重賞勝ちは、意外なほどあっさりと達成されてしまったのだった。

 ベルモントS(ダート2400m、G?)は日本時間6月8日早朝のスタートだ。無敗の2冠馬ビッグブラウンという強力なライバルの存在があるが、それでも2番人気は確実。相手に血統的な距離不安があるため、歴史的な出来事が起きてもまったく不思議ではない。

 たった一人、胸に突き刺さるような痛恨を感じているのが武豊騎手だ。前哨戦の騎乗を現地騎手の手に一時的に委ねたつもりが、あまりにも強い勝ち方をしたため、本番の手綱が返ってこなくなる事態を招いたからだ。

 「カジノドライヴは、すでに米国の宝であることを痛感した。日本人のエゴを通すべきではない」と、山本オーナー。現地の空気を読んだ決断というわけだが、武豊騎手の20年越しの悲願を思うと、やはり寂しく感じる。

関連キーワード
カジノドライヴ
藤澤和雄
武豊
ベルモントS

ページトップ