SCORE CARDBACK NUMBER

春競馬が残した
今後の競馬界の問題点。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2008/07/10 00:00

春競馬が残した今後の競馬界の問題点。<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

 本来華やかでなければならない春競馬が、大きな盛り上がりを迎えることなく、なんとなく終わってしまった。未だにディープインパクトの幻影を追ってしまうファンの欲深さと、それに応えられないもどかしさ。スターは人の手で作るものではないが、スターになれる素材を発掘し、伸ばし育てることは可能なはず。業界全体として、今年の失敗を教訓とし来年に生かしてほしいと切に思う。

 もう一つの大きな反省材料は、JRAの裁決部門に不手際が目立ったことだ。特に大きな物議を呼んだのはオークスの最後の直線での出来事についての玉虫色の判定だった。勝ったトールポピーが、馬場の中央から最内まで切れ込んで、3着のレジネッタから9着のマイネレーツェルまで、多くの馬の進路に小さくない影響を与えたのに、「着順を変更するに至らない」としてしまったのだ。審判の主観による判定なので、それだけなら渋々でも納得するよりないのだが、問題はそのあとの往生際の悪さ。トールポピーに騎乗していた池添騎手には、「斜行を矯正しようとしない危険な騎乗」として、最終レース終了後というタイミングで実効2日間の騎乗停止処分を科したのだ。

 馬はセーフで騎手はアウト、というのはこれまでにもあった判定で、もちろん違法ではない。しかし、今回のように判定に時間差を置いてしまうと誤解を招くのは当然。際どい判定はこれからも多くあるはずで、そういうときこそアウトかセーフかを迷いなくファンに明示できなければ裁決の威厳は保てない。野球の審判が、判定に迷って曖昧なジェスチャーをしたときに限って揉めるのと同じだ。

 抗議の電話やメールはかなりの数寄せられたようで、JRAは公式HP上で「走行妨害および制裁について」と題した特設ページを掲示して釈明に努めているが、それを見てもあのケースが「着順の変更に至らないケース」であると理解するのは難しかった。現場でも、「あれをセーフにしてしまったら、今後しばらくアウトはないね」という声を多く聞く。感覚はファンのそれと変わらない。

 責任が重く、上からも下からも評価の対象になりやすい難しい部署が「裁決」である。だからといって、各方面に気を遣った痕跡をこちらにも感じさせるような判定では、誰の心にも響きはしない。

関連キーワード
トールポピー

ページトップ