SCORE CARDBACK NUMBER

公私ともに絶好調。西岡剛の抜け目なさ。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2008/05/01 00:00

公私ともに絶好調。西岡剛の抜け目なさ。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 ここ数年パ・リーグで最も勢いに乗っている選手といえば、西岡剛かもしれない。'04年、名手・小坂誠を押しのけ、レギュラーに名乗りを上げると、'05年、ロッテ日本一の時には、走攻守のキーマンとして活躍した。

 白眉は、日本ハム・ダルビッシュと対した昨年のクライマックスシリーズでの初打席である。ドラッグバントを警戒して前進する小谷野栄一の頭上に、プッシュバントを成功させる姿を見て、得体の知れぬしたたかさを感じたものである。

 今年も4月6日のソフトバンク戦でサヨナラ安打を放つなど、西岡のソツのない野球は健在である。やることなすこと抜け目のない男。プライベートでもプロゴルファー古閑美保との「熱愛」を報じられた。

 昨年、テレビ番組で共演した時、「グリーンまわりのアプローチが下手だから教えてくれ」と西岡からアプローチしたのがきっかけで、交際が始まったという。

 浮き沈みの激しいプロスポーツ選手同士で、共感できることも多いのだろう。

 ちなみに古閑の父親はリトルリーグの監督。本人も小学生時代は野球をしていて、現・ソフトバンクの馬原孝浩から本塁打を打った腕自慢。話も合うはずだ。

 西岡が尊敬する高橋慶彦・打撃コーチは、現役時代いろいろと浮名を流したが、グラウンドでは結果を残していた。ある女性の部屋に遊びにいくのにも、バットを持って出掛け、夜中に素振りをするので周囲からもすぐにわかったという。

 そんな高橋コーチから「自分の本業を忘れるな」という徹底した教育を受けているので、西岡は野球をおろそかにする心配もない。交際報道があったことでつぶれるようなヤワな男ではないし、このようなことをチャンスにする賢さも持ち合わせている。

 「ああ見えて気が小さい一面があった」と大阪桐蔭時代の有友茂史野球部長は言うが、それは繊細なプレーができる証。ロッテの日本一奪回は西岡の働きなくしては語ることができない。

 「王さんを胴上げしたいとガチガチになるソフトバンクと自由奔放のロッテ。短期決戦になったら、どちらが結果を残すか見ていてください」という西岡。ロマンスを野球の肥しにできるかどうかも、野球選手の実力のうちである。

関連キーワード
西岡剛
千葉ロッテマリーンズ

ページトップ