SCORE CARDBACK NUMBER

女子ジャパンオープンがツアーから姿を消す理由。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2008/04/17 00:00

女子ジャパンオープンがツアーから姿を消す理由。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 '79年から続いてきた女子のジャパンオープン(現AIGオープン)が、ついにツアーから姿を消す。日本テニス協会は3月28日に理事会、評議員会を開催し、同大会の女子を、'09年から国際テニス連盟(ITF)が管轄するツアー下部大会に格下げすることを報告した。大会自体は存続するが、女子テニス協会(WTA)が発表するツアー日程から名前は消え、30年にわたるツアーの歴史は幕を閉じることになる。日本協会の渡邊康二専務理事は「ツアーには長い伝統を重んじてほしかった。主催者として非常に不満」と話した。

 男女の世界ツアーは、'09年から大幅な改革を実行する。そのひとつにシーズンの短縮がある。女子はこれまで11月に終わっていたシーズンを、'09年から10月に終了。約1カ月前倒しになり、何大会かは消滅することになった。ジャパンオープンもあおりを受け、'79年から男女同一週で開催してきたが、'09年からは2週に渡る日程を提示された。賞金総額の増額が要求されており、経費も単純に見れば倍かかる。加えて、早春に開催してきた東レPPOが今年から秋に移動し、'09年から有明テニスの森公園で東レ、ジャパンオープンの男子、そして女子と3週連続のツアー大会が組まれることになった。日本協会は、ファンがすべての大会を観戦するかどうかを危惧し、経費増加のこともあり、同一週開催を模索してきた。その交渉は暗礁に乗り上げ、ここに来てついに断念した。

 '09年からは、日本協会が持つツアー開催権利は、大阪府協会に貸与することになる。府協会は、ジャパンオープンの女子が予定されていた3週目に靭テニスセンターで新たなツアー大会を開催予定だ。日本協会は権利を持ち続け、再び同一週が可能になった時に、ツアー大会を開催できるわけだ。ただ、女子のジャパンオープンの歴史だけは残したい。そこで、比較的、開催が容易なITF大会をジャパンオープンの名で同一週に新設することにしたのだ。日本協会の外交や根回しが下手だったことは否めない。世界の流れを、もう少し早めに感じ取っていればと思うと残念だ。しかし、トップ選手と大金をはたく大会だけを優遇し、簡単に小規模大会を切り捨てていくツアーの姿は、あまりにも醜いと言えないだろうか。

■関連コラム► ツアー変革のあおりであの大会がなくなる!? (2007年5月3日)
► 古くて新しい、全豪の開催時期問題。 マリア・シャラポワ (2007年2月8日)

関連キーワード
ジャパンオープン
AIGオープン

ページトップ